Yahoo!辞書

kotobank > コン症候群とは

 

コン症候群 【コンショウコウグン】

  • 1件の用語解説(コン症候群で検索)

デジタル大辞泉の解説

コン‐しょうこうぐん 〔‐シヤウコウグン〕 【コン症候群】
 
《 Conn syndrome副腎(ふくじん)皮質に生じた腫瘍(しゅよう)により、アルドステロン(ステロイドホルモンの一種)が過剰分泌される病態高血圧・多飲・多尿・筋力低下知覚異常をきたす。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコン症候群の言及

【副腎】より
…なお髄質は,皮質のように生命保持上絶対必要なものではなく,働きが衰えても,交感神経が残っているかぎり,ノルアドレナリンの分泌が起こり,あまり影響をうけない。
[副腎の異常・病気]
 副腎の機能異常については種々の疾病が見つかっているが,おもなものとしては,副腎皮質の機能亢進,ことに糖質コルチコイドによる影響で起こるクッシング症候群や,アンドロゲンの過剰産生で起こる副腎性器症候群,高アルドステロンにより高血圧を起こすコン症候群(原発性アルドステロン症)があり,また皮質機能低下としてはアディソン病などがあげられる。【藤田 尚男】。…
※「コン症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コン症候群に近い言葉→サバン症候群|ダウン症候群|プルマー-ビンソン症候群|プランマー-ビンソン症候群|異型ポルフィリン症候群|マルファン症候群|代理ミュンヒハウゼン症候群|シェーグレン症候群|コステン症候群|シーハン症候群

コン症候群の関連情報

ショッピング検索

「コン症候群」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ