Yahoo!辞書

kotobank > コールタールとは

 

コールタール 【こーるたーる】

  • 5件の用語解説(コールタールで検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コールタール【coal tar 

石炭高温乾留によって得られる黒色の粘稠(ねんちゆう)な液体生成物をいう。低温乾留で得られる低温タール区別するときは,とくに高温タールとも呼ばれる。石炭に対する収率は,原料とする石炭の種類や乾留条件によって異なるが,3~6%(重量)である。昔は木材の防腐剤などの用途しかなかったが,コールタールの成分に関する化学的研究が進むにつれ,その工業的な利用の道がしだいに開かれ,19世紀から20世紀前半にかけては,コールタールを中心とする石炭化学有機合成化学工業の花形として不動地位を占めていた。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コールタール【coal tar
 
石炭を高温乾留して得られる油状液体。石炭ガスやコークス製造の副成物。真っ黒で粘性があり,比重1.1~1.2。種々の芳香族炭化水素およびその他の有機化合物の混合物からなる。石油化学工業の発達する以前は,有機化学製品の最も重要な原料であった。木材や鉄器の防腐塗料としても用いる。石炭タール。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールタール
coal tar

石炭の乾留によって生じる黒い粘稠な液体。そのままで木材防腐剤などにも用いられるが,大部分は蒸留によって各種留分に分けられ,さらに工業的に分離精製されて,染料薬品香料合成樹脂,可塑剤,乳化剤溶剤などの製造に用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コールタール

石炭の高温乾留(石炭乾留)の際,コークス副産物として得られる黒い粘稠(ねんちゅう)な油状液体。比重1.1~1.3。そのまま防腐塗料としても使われるが,芳香族薬品の原料として重要
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

コール‐タール 【coal tar
 
石炭の高温乾留で得られる黒色の油状液体。ベンゼントルエンアントラセン石炭酸クレゾールなどを含む。木材の防腐塗料、染料・火薬・溶剤などの原料にする。石炭タール

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコールタールの言及

【化学工業】より
…その結果,ガラス工業やセッケン工業なども発達するようになった。
[第2期 有機化学工業の成立]
 産業革命は,無機化学工業である酸・アルカリ工業の発展を促したが,他方,製鉄業の発達をとおして石炭,コールタールなどを基礎とする新しい化学工業の誕生をもたらした。18世紀の後半以降,製鉄の燃料としてコークスが用いられるようになった。…
【乾留】より
…熱分解反応の開始温度は,石炭化度の低い石炭では低く,石炭化度の高い石炭では高い。熱分解によってガス,水,コールタールなどが発生するが,コールタールの生成は約500℃で終了し,ガスの発生は1000℃くらいまで続く。粘結炭では熱分解開始温度の前後から軟化,溶融が起こり,コールタールの発生がやむ500℃くらいでは再び固化し,さらに高温に加熱されれば良質のコークスが得られる。…
【石炭】より
…1960年代から原料が石油系に代わっていくまで,都市ガス供給の主流は乾留によるガス製造であった。どろどろの液体で厄介物視されたタール(コールタール)も,化学の進歩によって利用の道が見いだされ,19世紀の中ごろからタールを分留,精製し染料を合成する工業が始まり,各種の薬品などの製造へ発展した。石油化学が盛んになるまで,石炭からのガスやタールを出発点とする〈石炭化学〉は,化学工業の中の重要な部分を占めていた。…
【石炭化学工業】より
…石炭化学工業とは,化学工業のなかで石炭を原料として各種の化学製品を生産する産業で,石炭を乾留して得られる石炭ガス,コークス,コールタールを原料とするものと,石炭をガス化して原料とするもの,の二つに大別することができる。おもな製品としては,石炭ガスからつくられるBTX類(ベンゼン,トルエン,キシレン),コールタールからつくられるピッチ,クレオソート油などがある。…
【タール】より
…有機化合物を熱分解したときに得られる黒褐色の粘稠な液体をいう。石炭を乾留したときのコールタール,木材を乾留したときの木タールなどはその例である。主成分は芳香族性の炭化水素であるが,そのほかに酸素,窒素,硫黄などを含む有機化合物(酸性または塩基性を示す)も含まれている。…
※「コールタール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コールタールに近い言葉→コールタール染料|コールタールピッチ|エコール・ロゼ|チャコールフィルター|コールターカウンター|ポールボールター|CallFilter|コール|アルコール・タバコ・火器取締局|エリエール 除菌できるアルコールタオル

コールタールの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「コールタール」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ