Yahoo!辞書

kotobank > サドとは

 

サド 【サド】

  • 7件の用語解説(サドで検索)

大辞林 第三版の解説

サド
 

サド【Donatien Alphonse François de Sade】
 
(1740~1814) フランスの小説家。通称サド侯爵(Marquis de Sade)。異常な性を描きサディズムの語を生んだが,既成の宗教を批判,人間の暗部を鋭くえぐった。小説「美徳の不幸」「悪徳の栄え」など。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サド【Donatien Alphonse François de Sade】  1740‐1814

フランスの小説家。通称マルキ・ド・サドMarquis de Sade(サド侯爵)。ペトラルカ愛人ラウラ家系にもつサド家はプロバンス地方名家だった。七年戦争参加したのち,司法官の娘と結婚したが,アルクイユの乞食女鞭打事件(1768),マルセイユボンボン事件(1772)などのスキャンダルを引き起こし,ために生涯の3分の1以上を獄中で過ごすことになる。バンセンヌおよびバスティーユの獄中で精力的に執筆活動をした。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サド
Sade, Donatien Alphonse François, Comte de

[生]1740.6.2. パリ
[没]1814.12.2. セーヌ,シャラントン
フランスの小説家。通称マルキ・ド・サド Marquis de Sade。伯爵であったが侯爵呼ばれる軍人になったが,スキャンダルを起し投獄され,以後生涯の3分の1以上を獄につながれ,精神病院で死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サド

フランスの作家。通称マルキ・ド・サドMarquis de Sade(サド侯爵)。名門の侯爵で,父は伯爵。1768年の女性虐待事件以後,スキャンダルや筆禍事件で監獄暮しを繰り返し,大革命とともに1790年釈放 (1740-1814)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

サド 【Donatien Alphonse Franois de Sade】
 
[1740~1814]フランスの小説家。通称、サド侯爵(マルキ=ド=サド、Marquis de Sade)。性的倒錯題材としたその作品により、サディズムの名が起こった。作「美徳不幸」「悪徳の栄え」など。

サド 【サド】
 
サディズム」「サディスト」の略。⇔マゾ

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサドの言及

【エロティシズム】より
…西欧のエロティシズムの歴史は18世紀の自由思想とともに,根本的な変化を生ずる。あえて宗教的束縛に挑戦したスペイン説話の主人公ドン・フアン,性の全面的自由と個人主義を主張したサド侯爵や,カザノーバのような文学者があらわれるからだ。とりわけサドはエロティシズムの歴史の分水嶺に立っており,その影響は現代のバタイユにまで直接に及んでいる。…
【スカトロジー】より
…それは作者が自己の深い挫折感,ペシミズム,人間憎悪などの感情のはけ口を糞尿のイメージに求めているからだと解釈できる。この型に属するもうひとりの作家としてサドを挙げることができる。彼もまた当時の社会に対するラディカルな反逆児であり,それゆえ深い疎外感を抱いていた。…
【ポルノグラフィー】より
…この世紀は〈ポルノグラフィーの黄金時代〉ともいわれている。たしかに快楽主義が流行し,サドやカサノーバが性のユートピアを追い求めた。J.クレランドの《ファニー・ヒル》(1749),サドの《ジュスティーヌ》に対抗して書かれたレティフ・ド・ラ・ブルトンヌの《アンティ・ジュスティーヌ》(1798)などのポルノグラフィーの傑作がこの時代に書かれている。…
※「サド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サドに近い言葉→ノビ・サド|ノビサド|プラサド|モサド|サドル|茶頭|マルキ・ド・サド|竹崎茶堂|楢山佐渡|三島佐渡八

サドの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「サド」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月20日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ