Yahoo!辞書

kotobank > ジェンダーとは

 

ジェンダー 【じぇんだー】

  • 7件の用語解説(ジェンダーで検索)

知恵蔵2014の解説

生物学的性差区別した、社会的文化的に作られる性別、性差のことをいう。それら性別、性差に関する様々な文化や知識一般を指し示すこともある。ジョンマネーは『性の署名』(1975)で半陰陽の患者臨床研究により、必ずしもジェンダーが生物学的性別に基づいて出来上がるわけではないことを明らかにし、60年代後半に始まる先進国における第2派フェミニズム影響を与えた。このジェンダーという言葉には、女性や男性の社会的役割性格などの特性が社会的に形成されたものであり、変革可能であるという含意がある。ジェンダー研究の進展によって、家族政治軍隊などこれまで自明とされてきた事柄へのジェンダーの関与が明らかになり、ジェンダーを男女という2つの項目と捉えるのではなく、2つの区分作り上げる力学であるとする見方が現れてきた。特に80年代以降、この考えに基づき、生物学的な性差と考えられてきた身体や、同性愛のようなセクシュアリティーがいかに社会的に構築されているかを分析するようになった。
( 野口勝三 京都精華大学助教授 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2014の解説

生物学的な性差をセックスというのに対して、社会的、文化的に形成された男女の違いをジェンダーと呼ぶ。近代の日本においては、男は社会で働き、女は家庭を守るという性的分業教育を通して刷り込まれ、女性にとっては社会で活動しにくい差別的な環境が形成されてきた。1980年代以降、ようやく労働市場における男女差別を禁止する法制度が作られ、さらに90年代には男女共同参画社会の構築が国を挙げての政策目標となった。政治の世界でも女性議員増加した。また、ジェンダーの相違を乗り越えて男女の対等関係を目指すジェンダー・フリー教育が進められるようになった。これに対して右派は、憲法改正や歴史の見直しと並んで、ジェンダー・フリーに対する攻撃を強めている。男女の平等が日本の伝統破壊し、社会秩序を乱すというのがその主張である。しかし、この種の議論は、性別分業が20世紀後半に形成された特殊な仕組みであることを見落とし、ジェンダーとセックスを混同しているなどの問題を抱えている。
( 山口二郎 北海道大学教授 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ジェンダー【gender
 
文法上の性。 →
生物上の雌雄を示すセックスに対し,歴史的・文化的・社会的に形成される男女の差異。また,その差異に対する知識。 「 --ギャップ」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジェンダー【gender 

生物学的性別や性差を意味するセックスsexに対して,社会的文化的に作られた性別や性差を意味する言葉。〈男らしさ〉〈女らしさ〉など,社会通念において一般的な固定的な性別観・性差観を意味することもある。1970年代において,心理学や社会学において使用されはじめ,80年代においては,女性運動(女性解放)や女性政策において,広く使用されるようになった。 近代西欧社会においては,男女は身体的のみならず精神的にも全く異なる存在であり,その違いは生物学的に決定されているという社会通念が広く流布していた。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェンダー
gender

フェミニズムの中では,生物学的性差をセックスと呼ぶのに対して,性別に基づいて社会的に要求される役割などの社会的性差をさすことばとして用いられる。生物学的・解剖学的な性差と違って,社会的性差,たとえば,「女性 (男性) は~すべき」と今日の日本で一般に考えられているようなことは,時代・文化によってさまざまに異なることが知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジェンダー 【gender
 
文法で、名詞や活用語の男性・女性中性といった分類
社会的、文化的に形成される男女の差異。男らしさ、女らしさといった言葉で表現されるもので、生物上の雌雄を示すセックスと区別される。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジェンダー

セックスsexが生物学上のオス・メスであるのに対して,社会的・文化的につくられる〈男らしさ〉〈女らしさ〉のこと。男女の性役割や行動様式外見,心理的特徴をいう。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のジェンダーの言及

【オセアニア語派】より
…オセアニア語派の言語の明確な下位分類とその相互関係はまだ明らかになってはいないが,ポリネシア諸語といわゆる〈外辺ポリネシア〉の諸言語(ミクロネシアのヌクオロ語やメラネシアのレンネル語など)とは,合して一つの語派,ポリネシア語派Polynesianを形成するとふつういわれる。 オセアニア語派の諸言語に共通する特徴は,アウストロネシア祖語の*p/*b,*k/*g(*は措定形であることを示す)などの対立がそれぞれf,kなどに平準化したこと,接辞法が単純化したこと,所有関係に顕現する実詞(具体的な物を指し示す名詞)の〈ジェンダー〉(後述)が発生したことなどである。 オセアニア語派諸言語の音韻組織は著しく単純である。…
【ハワイ語】より
…なお,uaは動詞に前置される小辞の一つで,次にくる動詞の動作がすでに起こっていること(completed action),を示している。また,オセアニア語派の諸語に特徴的な,所有関係にあらわれる名詞の〈ジェンダー(性)〉はハワイ語にも見られ,所有者がその被所有物をコントロールできると考えられるような場合にはa類が,そうでない場合にはo類が用いられる。例えば,ka‘uとko‘uはともに〈私の〉を意味するわけであるが,ka‘u keiki〈私の子〉,ko‘u kupuna〈私の祖父母(先祖)〉のように区別して用いられる。…
※「ジェンダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジェンダーに近い言葉→ジェンダー史学会|国際ジェンダー学会|ジェンダー法学会|ジェンダー開発指数|ジェンダー医学|ジェンダー不平等指数|ジェンダー/ジェンダー・フリー|ジェンダーギャップ指数|ジェンダーロール|トランスジェンダー

ジェンダーの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ジェンダー」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ