Yahoo!辞書

kotobank > ストークスシフトとは

 

ストークスシフト 【ストークスシフト】

  • 2件の用語解説(ストークスシフトで検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストークスシフト
Stokes shift

ケイ光体外部から光を照射すると,ケイ光を生じるが,その波長は多くの場合,照射光の波長より長いという法則。その原因は光のエネルギーが波長に反比例するので,光から得たエネルギーの一部を振動のエネルギーなどに変えて,残りを再び光の放出により失うので,その光のエネルギーがもとより小さくなって,波長が長くなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ストークスシフト 【Stokes shift】
 
蛍光スペクトルの線や帯が,吸収線や吸収帯よりも長波長側へずれる現象


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のストークスシフトの言及

【ストークスの法則】より
…【橋本 英典】(2)光ルミネセンスの蛍光スペクトルは励起光より長波長であるという法則。光子のエネルギーがその波長の逆数に比例することに基づく現象で,ストークスシフトStokes shiftと呼ばれる。ストークスが実験によって確かめたものであるが例外もある。…
【ルミネセンス】より
…すなわち,光ルミネセンスの場合,発光の波長は励起に用いた光の波長と同じかまたは長くなる。この現象をストークスシフト(ストークスの法則)という。 単原子分子の場合には,励起された電子準位はそのままの状態で発光するが,複数の原子から構成されている分子の気体や固体の場合は,励起された状態で原子間隔や格子がエネルギーを最小とするように変化し,緩和励起状態に移行して後に発光する。…
※「ストークスシフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストークスシフトに近い言葉→アダムズ=ストークス症候群|アダムスストークス症候群|ストークス|ストークスの法則|ストークスの抵抗法則|ストークスの法則(粘性抵抗)|ストークスの法則(筋肉麻痺)|チェーンストークス型呼吸|ナビエストークスの方程式|ストークスの定理(流体)

ストークスシフトの関連情報

ショッピング検索

「ストークスシフト」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月27日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ