Yahoo!辞書

kotobank > チェルノブイリ原発事故とは

 

チェルノブイリ原発事故 【ちぇるのぶいりげんぱつじこ】

  • 5件の用語解説(チェルノブイリ原発事故で検索)

知恵蔵2014の解説

旧ソ連(現・ウクライナ)のチェルノブイリ原発4号機(黒鉛減速軽水冷却チャンネル型炉)で1986年4月26日に起きた原子炉暴走・爆発事故。5月6日まで大規模な放射性物質放出が続いた。運転中の原子炉で電源喪失対応実験中に出力が急上昇し、作業員のミスも重なって、高熱の炉心がむき出しになり、放射性物質は計11エクサベクレル(エクサは100京倍を表す単位=10の18乗)が放出された。膨大な量であり、広島に投下された原子爆弾の500倍ともいわれる。セシウム137で1平方キロメートル当たり370億ベクレル以上汚染された地域はウクライナ、ベラルーシロシアの計10万平方キロメートル近くに達した。半径30kmの住民11万6000人が強制避難させられ、多くの村が廃墟となった。欧州各地でも食物が汚染されて大量処分され、全世界で放射能観測された。爆発した4号機をコンクリート封じ込める石棺建設のために、延べ80万人が動員された。事故直後に消防士ら31人が死亡し、急性放射性障害で203人が入院した。2001年にロシア副首相が、事故処理作業をした旧ソ連の5万5000人が放射線障害で死亡との推計を発表した。05年には国際原子力機関(IAEA)と専門家グループによる「チェルノブイリ・フォーラム」が、事故処理作業員と高濃度汚染地域の住民の今後を含めた死者は4000人との推計を発表した。06年になって世界保健機関(WHO)は対象地域を広げて死者9000人とし、国際がん研究機関は欧州全域を含めて1万6000人、環境団体のグリーンピースは9万人と発表した。
( 渥美好司 朝日新聞記者 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2008」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チェルノブイリ‐げんぱつじこ 【チェルノブイリ原発事故】
 
1986年4月26日、旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号機で発生した史上最大原子炉事故。原子炉(黒鉛減速炉)の設計上の欠陥不適切操作によって、動作試験中に反応度事故が発生。原子炉が暴走し、炉心溶融に続いて水蒸気爆発が起こるなどして、原子炉や原子炉建屋破壊され、大量の放射性物質国境を越えて拡散した。爆発急性放射線障害などで31人が死亡、11万6000人が避難を強いられた。また、6000人以上小児甲状腺がん診断され、15人が死亡している。原発事故の度合いを示す国際原子力事象評価尺度で最も深刻レベル7分類される。
◆4号炉は放射性物質の拡散を防止するための応急措置として、石棺と呼ばれるコンクリートの建造物で覆われている。同発電所では、事故後も他の原子炉が稼働し続け、2002年7月に閉鎖された。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チェルノブイリげんぱつじこ【チェルノブイリ原発事故】 

1986年4月26日,旧ソ連ウクライナ共和国の北辺位置するチェルノブイリChernobyl’原発で発生した原子力発電開発史上最悪の事故。
経過
 保守点検のため前日より原子炉停止作業中であった4号炉(出力100万kW)で,26日午前1時23分(モスクワ時間)急激な出力上昇をもたらす暴走事故が発生し爆発に至った。原子炉とその建屋は一瞬のうちに破壊され,爆発と引き続いた火災にともない,大量の放射能放出が約10日間継続した。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1986年4月に起きた史上最悪の原発事故。4号炉で試験運転中に事故を起こした。発生から10日間で福島第一原発事故の約6倍の520京ベクレルの放射性物質を放出した。2週間以内住民11万6千人が避難。4号炉をコンクリートの壁で覆った「石棺」は兵士ら60万人が動員され、わずか半年で造った。
( 2013-08-22 朝日新聞 朝刊 科学1 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チェルノブイリ原発事故 【チェルノブイリげんぱつじこ】

1986年4月26日,ウクライナ(旧ソ連)キエフ州北部,プリピャチ市のチェルノブイリChernobyl'原子力発電所で発生した原子炉の爆発・火災事故。死傷者数,放出放射線量,原子炉の損傷状況など,いずれも前例のない激しさであった。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

チェルノブイリ原発事故に近い言葉→チェルノブイリ|菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援|チェルノブイリ・ハート|チェルノブイリ医療支援ネットワーク|福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)|原発事故の補償|原発事故調査・検証委員会|原発事故の賠償条約|原発事故子ども・被災者支援法|原発事故の防災対策重点区域

チェルノブイリ原発事故の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「チェルノブイリ原発事故」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ