Yahoo!辞書

kotobank > ドベネックの要素樽とは

 

ドベネックの要素樽

世界大百科事典内のドベネックの要素樽の言及

【最少養分律】より
…樽にためられる水の量,すなわち植物の生育量は最も短い側板の長さによって制限されるというわけである。これをドベネックの要素樽と称している。 この説は植物の収量を増加するには最少養分あるいは制限因子になっているものをみつけ,それを増加することがたいせつであることを理解するのにはよいが,現実に養分や他の生育因子と植物の生育との関係は要素樽から想像されるほど単純ではなく,例えば一つの養分の増加は他の養分や因子の増加や減少をもたらすなどの因子間の相互作用もあって植物生育や収量の増加の問題解決を難しくしている。…
※「ドベネックの要素樽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドベネックの要素樽の関連情報

ショッピング検索

「ドベネックの要素樽」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ