Yahoo!辞書

kotobank > ノルディックスキーとは

 

ノルディックスキー 【のるでぃっくすきー】

  • 3件の用語解説(ノルディックスキーで検索)

知恵蔵2014の解説

険しい山岳がなく、丘陵の多い北欧諸国で、山野を滑走するスキーとして生まれ、競技として発達した。爪先だけを固定して踵(かかと)が浮くスキーを使用し、クロスカントリージャンプ、2つを組み合わせたノルディックコンバインド(ノルディック複合)がある。その中でも基本といえるのがアップダウンのあるコースを滑ってタイムを競うクロスカントリー。コースは原則として上りと平地、下りが3分の1ずつになるように造られている。走法は2本のシュプールをつけたコースで、真っ直ぐにスキーを出して滑るクラシカルテクニックだけだったが、1980年代にスキーを逆ハの字にするスケーティングテクニックが登場。88年カルガリー五輪から、クラシカルと走法に制限のないフリーの2種類で行われることになった。種目は1〜1.5kmの距離を走ってトーナメントで優勝を争うスプリントから、男子50km、女子30kmまでの各距離と、2種類の走法の合計タイムで競うパシュート、リレーがある。ジャンプはコンバインドのジャンプと区別するためにスペシャル・ジャンプ(純ジャンプ)と呼び、助走路を滑り降りて、踏み切り台から遠くへ飛ぶことを競う競技。基本的に2回の試技と飛型点の合計で順位を争う。ジャンプ台は極限点(K点)までの距離により5段階区分されていたが、2004〜05年シーズンから、各ジャンプ台の安全に飛べる限界の距離を設定。それをヒルサイズ(HS)と呼び、試合でもジャンプ台の規模をヒルサイズで表現することになった。なお、コンチネンタル杯が行われていた女子ジャンプも09年世界選手権では正式種目になる。ノルディック・コンバインドは瞬発系の能力必要なジャンプと、持久系能力を必要とするクロスカントリーの両方を行う競技。個人戦ではジャンプの得点12点をクロスカントリーの1分と換算。ジャンプを先に行い、そのタイム差順にスタートするグンダーセン方式と、一斉スタートのクロスカントリーを先に行うマススタート方式で行われる。
( 折山淑美 スポーツライター )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2008」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルディックスキー
Nordic skiing

スキー競技一つノルウェースウェーデンフィンランドなど北ヨーロッパ諸国発達した競技を,アルペンスキー対比して呼ぶ。クロスカントリースキージャンプノルディック複合があり,広義にはバイアスロンも含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノルディック‐スキー 【Nordic ski】
 
ノルディック種目で使うスキー用具。また、それを用いたスポーツ・競技。ビンディング爪先にしかなく、かかとは板に固定されない。ジャンプ競技用の幅広のものやクロスカントリー用の細長いものなどがある。→アルペンスキー

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノルディックスキーに近い言葉→ノルディック複合|ノルディック種目|ノルディック競技|ノルディック・スピッツ|ノルディック|ノルディックセーター|ノルディックウオーク|ノルディックウオーキング|ノルディック人種|ノルディックファッション

ノルディックスキーの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ノルディックスキー」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ