Yahoo!辞書

kotobank > ハレーションとは

 

ハレーション 【ハレーション】

  • 5件の用語解説(ハレーションで検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハレーション【halation 

写真撮影において,写真フィルム入射した光が感光乳剤層と支持体のフィルムベースとの境界や,支持体裏面から反射されてふたたび感光乳剤層に入り,乳剤感光させる現象。ハレーションが起こると写真像が不鮮明になったり,明るい部分周囲に不必要な像を生ずる。小型カメラ用フィルムではフィルムベースを灰色着色してハレーションを防いでいるが,フィルムの品種によってはフィルムの背面や感光層とフィルムベースとの間に銀コロイド染料を含むハレーション防止層を設けたものもある。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

ハレーション 【halation
 
写真の像で、特に強い光の当たった部分の周りが白くぼやける現象。感光乳剤の層を通った光が反射し、再び感光層に作用するために生じる。光暈(こううん)
1から転じて)派生して他に影響を及ぼすこと。主に、悪い影響についていう。副作用。「所管大臣発言地元で―を起こす」
インタレストマッチ - 広告の掲載について

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

カメラマン写真用語辞典の解説

 一般的には、逆光時などにレンズの前玉や前枠などに反射した光の影響で、画面全体をボヤッとした感じにしてしまうことを言い、これを防止するために余分な光をカットすることを「ハレ切り」などとも言う。


解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハレーション

強い入射光の一部がフィルムの乳剤層を透過し,フィルムベース面で反射され再び乳剤層に達して感光し,写真画像が不鮮明になる現象。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ハレーション【halation
 
写真で,強い光が当たった部分の周囲が白くぼやけて写る現象。感光膜を通った強い光がフィルム-ベース裏面で反射し,再び感光膜に作用することから起こる。光暈(こううん)。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハレーションに近い言葉→キン肉マン ジェネレーションズ|ジェネレーションX|ジェネレーションY|R:RACING EVOLUTION|売オペレーション|買オペレーション|アブレーション氷礫土|アブレーション氷堆石|ダイレーション岩脈|ミージェネレーション

ハレーションの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ハレーション」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ