Yahoo!辞書

kotobank > バラス効果とは

 

バラス効果

  • 1件の用語解説(バラス効果で検索)

法則の辞典の解説

バラス効果 【Barus effect】
 
粘弾性液体毛細管から流出させたとき,出口で管の内径よりも液体の径が大きくなる現象をいう.別名メリントン効果という.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バラス効果に近い言葉→マルクス効果(光物性)|第二ガス効果(麻酔)|バースタイン‐モス効果|ポッケルス効果(光学)|シラード‐チャルマース効果|シュプニコフ‐ドハース効果|スース効果|二次ガス効果|トランス効果|シュース効果

バラス効果の関連情報

ショッピング検索

「バラス効果」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ