Yahoo!辞書

kotobank > パイエルス転移とは

 

パイエルス転移 【パイエルスてんい】

  • 2件の用語解説(パイエルス転移で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パイエルスてんい【パイエルス転移 Peierls transition】 

ヒ素元素(ヒ素,アンチモンビスマス)の固体は,これらの原子が5価の電子価をもつため金属になることが予想されるが,わずかであるが,この系独特結晶のひずみのため半金属となる。これを説明するためにイギリスのパイエルスRudolf Ernst Peierls(1907‐95)が提唱した,金属的な物質で起こる構造相転移一種をパイエルス転移という。フェルミ面形状特殊で,弱い周期ポテンシャルが加わったことによるバンドギャップがフェルミ面消滅させやすい場合,電子系の運動エネルギー(すなわちバンドエネルギー)の減少は,結晶がひずむことによるポテンシャルエネルギーの損失に打ち勝ち,結果として自発的な結晶のひずみが生ずる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法則の辞典の解説

パイエルス転移 【Peiels transition】
 
金属中の電子・格子系の構造相転移の一つで,相互作用によるエネルギーにおいて得となるように,格子系の構造と同時に電子系のバンド構造変化させる転移.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パイエルス転移に近い言葉→ランダウ‐パイエルスの公式|パイエルス力|パイエルス応力|パイエルスポテンシャル|ケステリッツ‐トゥーレス転移|シュパイエル大聖堂|パイエル板|シュパイエル|費える|あるスパイへの墓碑銘

パイエルス転移の関連情報

ショッピング検索

「パイエルス転移」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月28日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ