Yahoo!辞書

kotobank > プドフキンとは

 

プドフキン 【プドフキン】

  • 4件の用語解説(プドフキンで検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プドフキン【Vsevolod Pudovkin】  1893‐1953

ソビエト映画監督理論家。セルゲイ・エイゼンシテインアレクサンドル・ドフジェンコ(1894‐1956),ジガ・ベルトフ(1896‐1954)と並んでソビエトのサイレント映画の4大監督の1人に数えられ,モンタージュ理論の確立寄与した映画理論家として知られる。 革命直後モスクワでD.W.グリフィス監督の《イントレランス》(1916)を見て映画作家を志し,モスクワの国立映画学校(1919年に開校)に入る。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

プドフキン

ソ連の映画監督。エイゼンシテインと並ぶモンタージュ理論の主導者。《母》(1926年)はその最高傑作。ほかに《聖ペテルブルグ最後》(1927年),《アジアの嵐》(1928年),《ワシリー・ポルトニコフの帰還》(1953年)。 (1893-1953)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

インタレストマッチ - 広告の掲載について

デジタル大辞泉の解説

プドフキン 【Vsevolod Illarionovich Pudovkin】
 
[1893~1953]ソ連の映画監督。モンタージュ理論を唱え、ソ連映画の基礎を築いた一人。代表作「母」「アジアの嵐」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プドフキン【Vsevolod Illarionovich Pudovkin】
 
(1893~1953) ソ連の映画監督・俳優。エイゼンシュテインとは対蹠的に,俳優の演技も重視する独自のモンタージュ論を展開。代表作「母」「聖ペテルブルクの最後」「アジアの嵐」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプドフキンの言及

【アジアの嵐】より
…エイゼンシテインと並ぶソ連の映画監督・映画理論家V.プドフキンの名作。1928年製作。…
【ソビエト映画】より

[社会主義芸術としての映画]
 その後ソビエト映画は,社会主義的建設と同じように平たんではない道をたどったが,1921年から24年にかけての〈ネップ(新経済政策)〉の期間中に経済的な基礎を築き,外国映画の輸入も盛んになり,とくにドイツやアメリカの作品から技術的な刺激を受けた。そして,プドフキンエイゼンシテインによって〈社会主義芸術としての映画〉が創造され,育成される。監督であり映画理論家でもあるクレショフL.V.Kuleshov(1899‐1970)とともにプドフキンとエイゼンシテインは,D.W.グリフィスやチャップリンをはじめ,アメリカ映画の技術や手法を分析した結果を〈唯物弁証法〉的に理論化してモンタージュ理論を提唱した。…
【トーキー映画】より
… トーキーの理論的基礎は,まだトーキーを製作してもいなかったソビエトで築かれた。28年,エイゼンシテイン,プドフキン,グリゴリー・アレクサンドロフ(1903‐83)の3人の連名で,〈トーキーのモンタージュ論〉ともいうべき〈トーキーに関する宣言〉が発表された。そして,それを具体化したソビエト最初の長編トーキーであるニコライ・エック(1902‐59)監督の《人生案内》(1931)がつくられ,フランスではルネ・クレールが《巴里の屋根の下》(1931)で新しいトーキー表現を開拓し,アメリカではルーベン・マムーリアンが《市街》(1931)で音を映画的に処理し,ドイツではG.W.パプストが《三文オペラ》(1931)で新しい音楽映画の道を開いた。…
【ドキュメンタリー映画】より
… イギリスでは,情報省の支配下で,ハリー・ワットの《今夜の目標》(1941),ロイ・ボールティングの《砂漠の勝利》(1943),キャロル・リードとガースン・ケニン編集による英米合作の《真の栄光》(1945)などがつくられた。 ソビエトでは,プドフキン,アレクサンドル・ドブジェンコ(1894‐1956)をはじめ一流監督が戦時ドキュメンタリー製作のために動員され,ナチの侵入後まもなく多くのエピソードからなる《戦闘映画選集》が始まり,セルゲイ・ゲラーシモフ(1906‐72),グリゴリー・コージンツェフ(1905‐73),セルゲイ・ユトケビチ(1904‐85)などの〈戦線映画特集〉が41年11月から42年の終わりまで公開された。また,ロマン・カルメーンの《戦うレニングラード》(1942),レオニード・ワルラーモフの《スターリングラード》(1943)というニュース映画を編集したもの2本と,ドブジェンコの《ウクライナの勝利》(1943‐45)のような長編ドキュメンタリーもつくられた。…
※「プドフキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プドフキンに近い言葉→ソフキン|白いふきん洗い|付近|フキ(蕗)|ナフキン|寄付金|フキンソープ|兵賦金|アシドフィルス菌

プドフキンの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「プドフキン」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ