Yahoo!辞書

kotobank > ポスト構造主義とは

 

ポスト構造主義 【ぽすとこうぞうしゅぎ】

  • 3件の用語解説(ポスト構造主義で検索)

知恵蔵2014の解説

構造主義の提唱者レヴィ=ストロース以降に現れた、フランス一群思想家思想を指す。ドゥルーズデリダフーコー、リオタールなどが代表者。アメリカで名付けられた呼び名であって、フランスではあまり用いられない。ポストモダン思想とほぼ同義である。構造主義は、個々人の意識主体を出発点として考える現象学や実存主義批判し、社会的な関係性や言語を意識や主体に先行するものとして重視するが、この点では彼らは構造主義に同調する。しかし構造主義が人文学において真に科学的な方法確立したと自負する点については、新たな「真理」を打ち立てようとするものとして批判する。また、レヴィ=ストロースは構造をもっぱら静止した固定的なものとして語ったのに対し、フーコーやドゥルーズは、動的複雑権力働きを社会のなかに見出そうとしたが、この点も、構造主義との違いといえる。ポスト構造主義は「近代」が当然と見なしてきたものを様々に批判するが、しかしそうした批判はもともと構造主義が開始したものだった。その点で、構造主義とポスト構造主義とは一連の思想の運動として捉えることができる。
( 西研 哲学者 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ポストこうぞうしゅぎ【ポスト構造主義】
 
1960年代後半から70年代にかけて登場したフランスの思想運動。主体を消去する構造主義の成果を踏まえて,差異(化)の概念を中心に形而上学批判を行う。ドゥルーズ・デリダ・リオタールが知られる。

インタレストマッチ - 広告の掲載について


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

百科事典マイペディアの解説

ポスト構造主義 【ポストこうぞうしゅぎ】

構造主義の継承克服を図る思想の総称厳密用語ではなく,J.デリダ,G.ドゥルーズおよびF.ガタリ,F.リオタール,J.クリステバら主としてフランスの思想家の活動を概括するもの。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ポスト構造主義に近い言葉→構造主義|構造(構造主義)|構造主義言語学|構造主義的社会学|構造主義的交換論|リスト構造|プレストレストコンクリート構造|ゴースト構造|プレキャスト鉄筋コンクリート構造|βシート構造

ポスト構造主義の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ポスト構造主義」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ