Yahoo!辞書

kotobank > ミトラス教とは

 

ミトラス教 【ミトラスきょう】

  • 3件の用語解説(ミトラス教で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミトラスきょう【ミトラス教 Mithraism】 

ペルシア起源の神ミトラMithras祭神とする密儀宗教ローマ帝国内において1世紀後半から4世紀中葉まで流行したが,キリスト教普及とともに衰退した。ミトラスはアーリヤ人の古くからの神ミトラとは語源的に関係があるが,信仰内容では著しく異なる。前1世紀に,シリア小アジアギリシア化したマズダク教神官(マギ)たちがこの新宗派を樹立し,ローマ帝国成立とともにイタリアローマ市に流布,さらにブリタニア北アフリカスペインライン・ドナウ両河流域へ広がった。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

ミトラス‐きょう 〔‐ケウ〕 【ミトラス教】
 
《 Mithras 》ローマ帝国で紀元前1世紀から紀元後5世紀まで主として軍人中心に流布した密儀宗教の一派古代インドイラン宗教の神ミトラから影響を受けて成立した太陽神ミトラスを崇拝した。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミトラス教 【ミトラスきょう】

古代イランのミトラ神信仰に発し,ゾロアスター教,マズダク教などと習合しつつ,1世紀後半から4世紀ごろまでローマ帝国のほぼ全土に広まった密儀宗教。英語Mithraism。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のミトラス教の言及

【クリスマス】より
…12月25日はローマの冬至の当日であった。その日は〈征服されることなき太陽の誕生日〉として,3~4世紀のローマに普及していたミトラス教の重要な祭日であった。12月17日から24日まではサトゥルナリアと呼ばれる農耕神サトゥルヌスの祭が行われていた。…
【ローマ】より
…しかし一般国民はしだいにギリシア・ローマの神々から離れ,イタリアでも,より神秘的で現実の生活に密接にかかわり,来世の救いをも示す,東方起源の諸宗教が受容された。こうしてアスクレピオスなどに加えイシス,セラピスの崇拝,ミトラス教およびキリスト教その他多種の神々や宗教がローマ市にまで流入した。また広大な帝国各地では土着の神々が礼拝されていた。…
※「ミトラス教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミトラス教に近い言葉→三井住友トラスト・ホールディングス|ミトラ教|聖ニコラス教会|トラス橋|アギオスディミトリオス教会|セントニコラス教会|アトラス山脈|反トラスト法|トラスコ中山

ミトラス教の関連情報

ショッピング検索

「ミトラス教」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ