Yahoo!辞書

kotobank > ワレサとは

 

ワレサ 【ワレサ】

  • 3件の用語解説(ワレサで検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワレサ
Wałęsa, Lech

[生]1943.9.29. ポポボ
ポーランド労働運動家,独立自主管理労働組合連帯」の初代委員長。職業訓練学校卒業後,1967年グダニスクレーニン造船所の電気工となる。 70年に食糧暴動悲劇目撃し,76年のレーニン造船所に対する新しい抗議活動勃発したときには,スト委員会の一員として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワレサ 【Lech Wasa】
 
[1943~ ]ポーランドの労働運動指導者・政治家。1980年、全国的な自主労組「連帯」を組織して議長となり、政府弾圧抵抗共産主義政権崩壊後の90年、大統領選出。83年ノーベル平和賞受賞

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワレサ

ポーランドの労働運動指導者,政治家。正しくはワウェンサ。職業学校を卒業し,グダンスクのレーニン造船所の電気工となる。1970年,1976年の〈食糧スト〉に参加 (1943-)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ワレサに近い言葉→我様|ワレサ,L.|我先に|我賢し|我先|捕らわれ・囚われ・捕われ|テレサ[カルカッタの]|ポワレ|われわれはどこから来たか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか|テレサ[アビラの]

ワレサの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ワレサ」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ