Yahoo!辞書

kotobank > 三条西実隆とは

 

三条西実隆 【さんじょうにしさねたか】

  • 7件の用語解説(三条西実隆で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条西実隆 さんじょうにし-さねたか
 
1455-1537 室町-戦国時代公卿(くぎょう),和学者。
享徳4年4月25日生まれ。三条西公保(きんやす)の次男。文亀(ぶんき)2年正二位,永正(えいしょう)3年内大臣にすすみ,13年出家飛鳥井雅親(あすかい-まさちか)に和歌をまなび,宗祇(そうぎ)から古今伝授を,一条兼良(かねよし)から古典学をうけ,中世和学の興隆につくした。天文(てんぶん)6年10月3日死去。83歳。初名は公世,のち公延。号は聴雪,逃隠子。法号逍遥院。法名は尭空。家集に「雪玉集」,日記に「実隆公記」。
格言など】花も木もみどりに霞む庭の面(も)にむらむら白き有明の月(「雪玉集」)

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんじょうにしさねたか【三条西実隆】  1455‐1537(康正1‐天文6)

室町時代後期の公卿,学者。公保の子。号は聴雪,非隠子。皇室衰微公家政治も解体した時代に,後花園,後土御門,後柏原3朝に歴仕し,各天皇の信任をうけて皇室経済の復興努力し,1506年(永正3)従二位,内大臣にいたったが,この年辞任。16年出家。法名尭空。道号耕隠,逍遥院と号する。 学者としての功績の第1は,一条兼良(かねら)のあとをうけて中世和学の発達推進したことである。実隆は有職故実(ゆうそくこじつ)に精通して朝儀の保存につとめる一方,応仁・文明の乱(1467‐77)で散失した和漢書物収集書写にも努力した。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三条西実隆
さんじょうにしさねたか

[生]享徳4(1455).閏4.25. 京都
[没]天文6(1537).10.3. 京都
室町時代の文学者,歌人。内大臣三条西公保の次男。幼名,公世,公延。号,聴雪,逃虚子。法名,逍遙院,堯空。永正3 (1506) 年に内大臣をやめるまで,後花園,後土御門,後柏原の3代の天皇に仕える一方,学者,歌人として活動して名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんじょうにしさねたか【三条西実隆】
 
(1455~1537) 室町後期の公家。内大臣に至る。出家して逍遥院尭空,また聴雪とも号す。飛鳥井雅親に和歌を学び,飯尾宗祇から古今伝授を受け,連歌・書道・有職故実など和漢の学に通じた。歌集「再昌草」「雪玉集」「聴雪集」,日記「実隆公記」がある。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんじょうにし‐さねたか 〔サンデウにし‐〕 【三条西実隆】
 
[1455~1537]室町後期の公家・歌人。内大臣に至る。号、聴雪、出家して逍遥院尭空。飛鳥井雅親(あすかいまさちか)に和歌を学び、飯尾宗祇から古今伝授を受け、古典の普及に努めた。また、能書家としても知られる。著「源氏物語細流抄」、歌集雪玉集」、日記「実隆公記」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三条西実隆 【さんじょうにしさねたか】

室町後期の公家,古典学者,歌人。公保の子。内大臣にのぼり,のち出家,尭空と号す。飛鳥井雅親に和歌を学び,飯尾宗祇から古今伝授を受けて,子の公条(きんえだ)に伝え,一条兼良没後,和歌,書道香道有職(ゆうそく)など多方面堂上知識階級権威となる。 (1455-1537)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

美術人名辞典の解説

室町後期の公卿・歌人。内大臣公保の次男。初名は公世・公延、法名は尭空、逍遥院と号する。正二位内大臣に至る。和漢の学に通じ、一条兼良と共に室町後期の文教を支えた。天文6年(1537)歿、83才。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三条西実隆の言及

【源氏物語】より
…室町時代には,一条兼良の《花鳥余情》は鑑賞や語法面に新機軸を開き,宗祇およびその周辺の連歌師たちもそれぞれ業績を残している。三条西実隆はこのころの代表的な文化人であるが,肖柏の講釈をまとめた《弄花(ろうか)抄》のほか,《細流(さいりゆう)抄》《源氏物語系図》(いわゆる新系図)を作った。その子孫が公条(きんえだ)―実澄(さねずみ)(実枝)―実条であり,彼らの手で《明星抄》《山下水(やましたみず)》が成った。…
【香道】より

[香道の成立と沿革]
 香道の成立については享保(1716‐36)ころの大枝流芳(おおえだりゆうほう)(岩田漱芳)以来南北朝の婆娑羅(ばさら)大名佐々木道誉を始祖とする説があるが(《読史備要》),道誉は香木に執心した収集者ではあっても,その香は闘香であり香道ではない。香道家は流派を問わず三条西実隆(尭空)を始祖と仰いでいる。三条西内府が御香所預を歴任したため御所における香の権威と目され,また宗祇,牡丹花肖柏(ぼたんかしようはく),相阿弥(そうあみ),武野紹鷗(たけのじようおう)ら当代の文化人との交遊で中心的な碩学として都鄙に声望高かったためであろう。…
【古今伝受(古今伝授)】より
…常縁はこれを連歌師の飯尾宗祇に相伝し,以後この系統が古今伝受の正当とみなされ尊重されてゆく。この後,宗祇はこれを三条西実隆,近衛尚通(ひさみち),牡丹花肖柏などに相伝し,ここで古今伝受は三流に分かれる。すなわち,実隆と尚通に相伝された古今伝受は,そのまま三条西家,近衛家において受け継がれ家の秘伝となり,肖柏に相伝された古今伝受は,宗訊,宗珀など連歌師に伝えられ堺伝受,奈良伝受となっていった。…
【御料所奉行】より
…室町時代中後期,禁裏(皇室)御領を管理するために朝廷内に置かれた役人。1436年(永享8)に三条実量が任命されたのを初見とし,98年(明応7)には三条実望が任ぜられ,1502年(文亀2)ごろの勧修寺(かじゆうじ)政顕,13年(永正10)までその職にあった広橋守光,守光に代わって任ぜられた三条西実隆,61年(永禄4)ごろの三条西公条などが知られている。これらの人々はいずれも幕府,武家との強い関係をもっている。…
【細流抄】より
…《公条(きんえだ)聞書》《三条西家抄》とも呼ばれた。三条西実隆(さねたか)の《源氏物語》の講釈を,その子公条がまとめたもの。畠山義総の求めに応じて編まれ,1528年(大永8)に成る。…
【実隆公記】より
…室町時代の公家三条西実隆の日記。1474‐1536年(文明6‐天文5)の62年間の記載がある。…
※「三条西実隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三条西実隆に近い言葉→三条西実称|三条西実勲|三条西実枝|三条西実条|北海道岩見沢市十三条西|三条西|三条西流|三条西信子|三条西公允|《三条西家抄》

三条西実隆の関連情報

ショッピング検索

「三条西実隆」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月26日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ