Yahoo!辞書

kotobank > 上杉憲政とは

 

上杉憲政 【うえすぎ・のりまさ】

  • 5件の用語解説(上杉憲政で検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

生年: 大永3 (1523)
没年: 天正7 (1579)
戦国時代武将,関東管領山内上杉家憲房の長子。大永5(1525)年に父憲房が病没した際,未だ幼少であったため一時古河公方足利高基の子憲寛が管領となり,享禄4(1531)年9歳の年,同職就任。奢侈・放縦政治民心を失う。天文10(1541)年信州出兵。同12年,河越(川越市)の北条綱成を攻めるなど南方の北条氏と戦うが相次いで敗れ,同14年4月の河越合戦でも北条氏康に敗れて上野平井城に退く。この戦いでは倉賀野,赤堀など有力な家臣を失い,上野の諸将は出陣命令に応じず,同21年1月平井城を捨て越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼った。永禄3(1560)年8月,景虎に擁されて関東に出陣,翌年3月小田原を囲んだ。帰途,鶴岡八幡宮で上杉の家名を景虎に譲り,剃髪して光徹と号した。天正6(1578)年3月謙信が病没すると,その跡目を巡って上杉景勝春日山城本丸に,同景虎は憲政の館にこもって相争うことになった。城下は焼き払われ景虎方は城攻めに失敗して敗北。翌年3月17日憲政の館も攻略され,混戦のさなか殺害された。
(唐澤定市)


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲政 うえすぎ-のりまさ
 
1523-1579 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)3年生まれ。上杉憲房の子。北条氏康に敗れ,天文(てんぶん)21年居城上野(こうずけ)(群馬県)平井城から越後(えちご)(新潟県)の長尾景虎(上杉謙信)のもとにのがれる。景虎を養子とし,永禄(えいろく)4年関東管領をゆずり,山内上杉家最後の関東管領となった。謙信の死後,天正(てんしょう)7年3月17日謙信の養子景虎と景勝家督争いのとき景勝方に殺された。57歳。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上杉憲政
うえすぎのりまさ

[生]大永3(1523)
[没]天正7(1579).3.18.
室町時代後期の関東管領。憲房の子。北条氏康に越後に追われ,上杉姓と管領職を長尾景虎 (→上杉謙信 ) に譲る。謙信の死後,その継嗣争いの際殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うえすぎのりまさ【上杉憲政】
 
(1523~1579) 戦国時代の武将。北条氏康に圧迫されて長尾景虎(上杉謙信)を頼り,のち上杉の名跡と関東管領職を景虎に譲った。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うえすぎ‐のりまさ 〔うへすぎ‐〕 【上杉憲政】
 
[?~1579]戦国時代の武将。関東管領。北条氏康に攻められて長尾景虎(上杉謙信)を頼り、上杉の姓と関東管領職を景虎に譲った。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上杉憲政の言及

【御館の乱】より
…景勝は同国魚沼郡上田庄の長尾氏出身で,上田衆とよばれる旧臣らに擁立され,景虎は生家の北条氏政らの後援と蒲原郡三条の神余親綱,古志郡栃尾の本庄秀綱など謙信旗本の一部有力者に支持された。5月から戦闘が始まると春日山城による景勝に対抗して,景虎は前関東管領上杉憲政の居館“御館”にこもった。戦局は,上越国境から後北条軍が,信越国境から武田勝頼が進軍して景虎を支援したので,はじめ景虎方が有利のうちに展開したが,景勝が武田氏と和し,景信など景虎方有力者が相ついで戦没するとしだいに景勝方が優勢となった。…
【河越城の戦】より
…河越城は扇谷上杉氏の居城であったが,1537年(天文6)北条氏綱の攻撃をうけ落城,以来,後北条氏の武蔵における前進拠点となっていた。45年10月関東管領山内上杉憲政は関東の諸将を動員して砂久保に陣をとり,河越城を包囲した。城内では北条氏の将,北条(福島)綱成以下3000人が立てこもって抗戦し,上杉方は長陣をしいて兵粮攻めにした。…
【平井城】より
…以後,顕定,憲房,憲政の3代にわたる戦国争乱の過程で上杉氏の本城となった。しかし南から後北条氏の勢力が北上してくると,家臣団の内部分裂もあり,1552年(天文21)に上杉憲政は平井を去って越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼り,景虎は憲政を擁して関東に侵攻することとなる。【峰岸 純夫】。…
※「上杉憲政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上杉憲政に近い言葉→上杉憲実|上杉憲春|上杉憲顕|上杉憲方|上杉憲忠|上杉憲定|上杉憲基|伝上杉憲方墓|上杉憲房(1)|上杉憲房(2)

上杉憲政の関連情報

ショッピング検索

「上杉憲政」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月17日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ