Yahoo!辞書

kotobank > 両性電解質とは

 

両性電解質 【りょうせいでんかいしつ】

  • 4件の用語解説(両性電解質で検索)

百科事典マイペディアの解説

両性電解質 【りょうせいでんかいしつ】

酸性溶液中では塩基としての性質,塩基性溶液中では酸としての性質を示す電解質。たとえば水酸化アルミニウムは酸性溶液中ではAl(OH)(/3)として電離しOH(-/)を生じ,塩基性溶液中ではH(/3)AlO(/3)として電離しH(+/)を生じる。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

りょうせい‐でんかいしつ 〔リヤウセイ‐〕 【両性電解質】
 
酸性溶液中では塩基塩基性溶液中ではとして作用する電解質水酸化アルミニウム水酸化亜鉛アミノ酸たんぱく質など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

両性電解質
 
 一つの分子で,酸性の性質とアルカリ性の性質をもつ物質.たとえばアミノ酸など.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りょうせいでんかいしつ【両性電解質】
 
酸性溶液中では塩基としてはたらき,塩基性溶液中では酸としてはたらく電解質。水酸化アルミニウム・アミノ酸などはその例。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両性電解質に近い言葉→電解質|非電解質|強電解質|弱電解質|多価電解質|高分子電解質|固体電解質|電解質溶液|電解質コルチコイド|ワルデンの規則(電解質溶液)

両性電解質の関連情報

ショッピング検索

「両性電解質」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ