Yahoo!辞書

kotobank > 公租公課とは

 

公租公課 【こうそこうか】

  • 2件の用語解説(公租公課で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうそこうか【公租公課】 

国や地方公共団体の徴収する租税公租と呼び,それ以外のいろいろな公共的な性格を有する金銭的な負担公課と呼ぶ。公課も租税類似する強制性を伴い,そのため両者はしばしば一括して扱われる。公課の種類はきわめて多いが,割当寄付金,各種の負担金,公共組合の組合費,町内会費,PTA会費などが含まれる。そのほか,罰金科料なども入るが,税法上は経費扱いできるものとできないものとに分かれる。【林 正寿】


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうそこうか【公租公課】
 
国または地方公共団体によって公の目的のために賦課される金銭負担の総称。公租は租税,公課は租税以外の負担金を指す。

インタレストマッチ - 広告の掲載について


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公租公課に近い言葉→公租|公課

公租公課の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「公租公課」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ