Yahoo!辞書

kotobank > 出向とは

 

出向 【しゅっこう】

  • 10件の用語解説(出向で検索)

ビジネス用語集の解説

出稿とは、会社の業務命令などの理由で、
雇用関係にある企業在籍をしたまま、
子会社関連会社において業務に従事することをいいます。

この場合、籍は出向元企業にあり、
業務上の指揮命令権は出向先企業にあるとされます。

企業ごとにあらかじめ出向に関する規定を設けている場合、
本人同意は必要ないと言われていますが、
実際の運用においては、出向の対象となる本人に対して出向の目的
期待する成果、出向の条件などを事前に明示することが望ましいでしょう。

求人情報の中に『〜へ出向』と記載されている場合は、
事前に出向元企業について、また出向先企業についての
各種情報をきちんと収集理解した上で応募することが大切ポイントとなる。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっこう【出向】 

企業(出向元)が従業員に労働契約関係を基本的に維持しながら,一定期間他企業(出向先)の指揮命令下において就労させる勤務形態をいう。企業間異動という点で同一企業内での業務内容や勤務場所変更にすぎない配置転換転勤などの人事異動とは異なる。従前は管理職クラス職員層を対象に定期的人事異動として出向が実施されることが多かったが,近時のそれは,経営の合理化という観点から雇用調整と労働力の再配置を目的に,広く労働者全般にまで拡大して実施されることが多くなってきている。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅっこう【出向】
 
( 名 ) スル
命令を受けて,他の会社や官庁の仕事につくこと。 「子会社へ-する」 「 -社員」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

「出向」とは、企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることです。出向の場合、対象となる社員の籍と給与支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企業間異動であるという点で、同一企業内での業務内容、勤務場所などの変更にとどまる配置転換や転勤と大きく異なります。
(2013/11/11掲載


Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出向
しゅっこう

ある企業の従業員がおもに関連企業に派遣されて,そこで働くことをいう。一般にはもとの企業に在籍したまま短期的に行われる在籍出向と,派遣された企業との間に雇用関係を結ぶ移籍出向がある。当初は在籍出向の形でも,のちに移籍出向となるケースや,また在籍出向でも実質的には移籍出向と同等長期に及ぶ場合も多くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐こう 〔‐カウ〕 【出向】
 
[名](スル)でむくこと。命令を受けて、籍をもとのところに置いたまま、他の役所や会社などで勤務につくこと。「子会社へ―する」
◆人事異動としての出向は、出向元の事業主と何らかの関係を保ちながら出向先の事業主との間に新たな雇用契約を結んで継続的に勤務することで、在籍型出向移籍型出向がある。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

出向 【しゅっこう】

大別して在籍出向と移籍出向(転籍)がある。前者は元の会社に在籍したまま他の企業の業務に従事する形態で,後者は他の企業に籍を移す形態である。日本企業は,原則的に終身雇用慣行を維持してきたが,人材賃金硬直性を緩和するものとして,近年,特に大企業を中心急速に増えてきている。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

雇用形態のひとつ。労働者が出向元の企業との雇用契約を結んだまま、出向先の企業とも雇用契約を結ぶ「在籍出向」と、出向元との雇用契約を解消し、出向先とのみ雇用契約を結ぶ「移籍出向(転籍)」とがある。なお、指揮命令権は契約により、出向先、出向元、あるいはその両方が持つ。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

親会社から子会社などに一時的に働く場所を変えることです。この場合は、あくまで雇用関係は親会社との契約を維持したままで、いずれ親会社に戻ることを予定している場合、出向の形式が使われることになります。そのため、出向者の給料は出向前と比較して基本的には変わりません。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

会社に籍を残したまま、社外組織(子会社、関連会社、提携先など)へ人事異動すること。もとの会社の従業員としての身分保持されたまま、出向先の指揮命令下で仕事をする。これに対し、移動した組織へ籍も移してしまう場合には、転籍という。


Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の出向の言及

【配置転換】より
…企業内において従業員の職場や職務を一時的または恒久的にかえることをいい,略して配転という。また関連会社などへの出向も配転に含めることがある。一時的な配転は応援とも呼ばれる。…
※「出向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出向に近い言葉→出向く|偽装出向|出向と労働者供給事業|移籍出向|公益法人の偽装出向問題|被災地への警察官特別出向|転籍出向|在籍出向|移籍型出向|在籍型出向

出向の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「出向」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ