Yahoo!辞書

kotobank > 刀銭とは

 

刀銭 【とうせん】

  • 4件の用語解説(刀銭で検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刀銭
とうせん
Dao-qian

中国春秋時代末期から戦国時代にかけて用いられた刀子形の銅貨。尖首刀,明刀,円首刀,方首刀,斉刀の名称呼ばれる各種がある。尖首刀は標準型,超尖首型に分れ,前者春秋中期より,後者は春秋末期より燕の領域で用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

刀銭 【とうせん】

中国古代の青銅製刀子形貨幣形状から,尖首刀,斉刀,明刀(方首刀),円首刀の4種類に分けられる。鋳造使用年代は,春秋末から漢初,流通地域は,燕,斉と趙,魏の一部に限られていたと思われる。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とうせん【刀銭】
 
中国古代の青銅貨幣の一種。刀子(とうす)にかたどり,戦国時代を中心に燕・斉など主に河北・山東で使われた。刀貨。刀幣。刀。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐せん 〔タウ‐〕 【刀銭/刀泉】
 
古代中国で使われた刀子(とうす)の形を模した青銅貨幣。春秋戦国時代、斉・燕・趙・魏で鋳造された。刀貨。刀幣。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の刀銭の言及

【刀貨】より
…中国,春秋戦国時代に主として黄河下流域で流通した小刀形の貨幣の総称。刀銭ともいう。普通,流通地域によって明刀と斉刀に大別する。…
【明刀銭】より
…中国古代の刀形貨幣(刀貨)の一種で,戦国時代の燕国で通用した銅貨。春秋時代に山東半島を支配した斉国で刀子(とうす)の形を青銅で鋳造した刀銭がおこり,北京を中心とする燕国に伝わったものとされている。燕国の刀銭は刀身に〈明〉に似た文字を鋳出していることから,俗に明刀銭とよばれている。…
※「刀銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

刀銭に近い言葉→明刀銭

刀銭の関連情報

ショッピング検索

「刀銭」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ