Yahoo!辞書

kotobank > 切迫流産とは

 

切迫流産 【せっぱくりゅうざん】

  • 5件の用語解説(切迫流産で検索)

家庭医学館の解説

せっぱくりゅうざん【切迫流産 Threatened Abortion】
 
[どんな病気か]
 流産の危険が迫っている状態を、切迫流産といいます。性器出血と下腹痛がおもな症状です。
 妊娠初期に、軽度なものも含めると約20~30%の人が、出血や下腹痛を経験するといわれます。
 これらの症状が、必ずしも流産につながるわけではありませんが、流産の始まりの症状として大事なものです。
 なお、たとえ切迫流産と診断されても、症状がよくなって、胎児(たいじ)の生存確認できれば、正常赤ちゃんを産むことも可能です。
[検査と診断]
 胎児が生存しているかどうかが、診断上重要となります。
 妊娠初期の胎児の生存は、超音波検査で確認されます。
 妊娠4週ぐらいになると、子宮内に胎嚢(たいのう)と呼ばれる袋が認められます。
 胎嚢は、週数が進むにつれて大きくなり、7週ぐらいまでに、胎嚢内に胎児および胎児心拍(たいじしんぱく)がみられるようになります。
 胎児心拍が認められれば、その後、流産する率は数%といわれていますので、安静にして、症状がよくなるのを待ちます。
 胎児心拍が認められない場合は、まだ週数が早すぎるか、あるいはすでに子宮内で胎芽が死亡し、流産が進行しつつあるかですが、症状がおこり始めたばかりでは判定できないことも多いものです。
 妊娠週数は最終月経開始日から計算するため、基礎体温測定を行なっていた人や、受精日が特定できる場合以外は、各自の排卵日の差によって、計算上の妊娠週数と、実際の排卵日から計算した胎齢(たいれい)が合わないことがよくあります。
 したがって、症状が軽く、経過観察が可能な場合は、ときどき超音波で胎嚢や胎児の大きさの変化を観察し、最終的に胎児心拍が認められるのを待つことになります。
 また、補助的な診断法として、尿中のホルモン測定や、基礎体温測定なども同時に行ないます。
 しかし、これらの検査は、経過観察のうえで参考になるものではありますが、胎児が生存しているかどうかの確定診断には、超音波検査による胎児心拍、および胎児の運動有無の確認が重要です。
[治療]
 安静が第一です。先に述べたように、妊娠初期の流産は胎芽に致死的な異常がある場合が多いので、治療は不可能です。
 しかし、切迫流産の段階では、この異常の有無はわからないので、ふとんに横になり、安静にして経過をみることになります。症状の程度によっては、入院必要なこともあります。
 薬物治療としてはホルモン療法がありますが、有効性が確かでないことや、胎児への影響否定しきれないことから、最近ではあまり行なわれなくなっています。
 そのほかに、症状を緩和する方法として、止血剤や子宮収縮抑制剤(しきゅうしゅうしゅくよくせいざい)が用いられます。
 最近は、低用量アスピリン療法が行なわれることもありますが、いずれにしても完全に流産を予防できる方法はありません。
 妊娠中期以降の切迫流産では、病原菌感染でおこるものもあります。
 この場合は、病原菌に対する抗生物質が必要となるので、妊娠中でも、医師の指示にしたがって、治療のため、あるいは予防の目的で適切な抗生物質を使用します。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

百科事典マイペディアの解説

切迫流産 【せっぱくりゅうざん】

流産が始まったばかりで子宮口があまり開いていない初期状態。すぐ治療すれば流産を止められる。少量の出血血性帯下(たいげ),下腹部の圧迫感などの症状を呈し,下腹部痛は伴う場合と伴わない場合がある。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

妊娠・子育て用語辞典の解説

せっぱくりゅうざん【切迫流産】
 
流産が迫っている状態です。サインは出血と下腹部痛。でも、この段階なら治療によって食い止めることも可能です。


Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっぱく‐りゅうざん 〔‐リウザン〕 【切迫流産】
 
流産が始まりかけている状態。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せっぱくりゅうざん【切迫流産】
 
流産が始まりかけている状態。早急に適切な処置を行えば妊娠の継続は可能。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の切迫流産の言及

【流産】より

[種類とその症状]
 流産の経過あるいは症状によって次のように分類されている。(1)切迫流産 流産の初期の状態であり,子宮からの出血ないしは下腹痛を主症状とするが,子宮頸管は閉鎖しており,胎児の生存の可能性が強く,治療に反応して正常に妊娠が継続する可能性をもっている。従来は切迫流産の予後を判定するのに種々の方法がとられてきたが,現在では電子走査超音波断層診断法によって妊娠初期に胎児の生死の判別が可能になり,その他のホルモン測定等との組合せにより切迫流産の予後判定,治療法の選択はもとより,切迫流産の診断そのものにまで改善がみられるようになった。…
※「切迫流産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

切迫流産に近い言葉→切迫|流産|進行流産(不全流産/完全流産)|切迫屠殺|人工流産|流産 (abortion)|切迫早産|完全流産|進行流産|不完全流産

切迫流産の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「切迫流産」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ