Yahoo!辞書

kotobank > 利休箸とは

 

利休箸 【りきゅうばし】

  • 3件の用語解説(利休箸で検索)

食器・調理器具がわかる辞典の解説

りきゅうばし【利休箸】
 

杉で作った、両端を細く削った箸。千利休(せんのりきゅう)が用いたのでこの名があるとされる。利休は客を招く日の朝に自ら杉材の箸の両端を細く削り出してその芳香もてなしとしたと伝えられる。懐石に用いるが、一般にあらたまったもてなしや祝儀の膳にも用いる。元来は杉材のものをいったが、一般には他の材のものもいう。


(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りきゅう‐ばし 〔リキウ‐〕 【利休箸】
 
両端を細く削った杉の箸。懐石用であるが、客膳(きゃくぜん)にも用いる。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りきゅうばし【利休箸】
 
両端を細く,中央をやや太くした杉の角箸。懐石で用いる。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利休箸に近い言葉→利休箪笥・利休簞笥|利休揚げ・利久揚げ・利休揚・利久揚|利休|利休忌|利休形|利休色|利休茶|利休鼠|利休色・利久色|利休形・利久形

利休箸の関連情報

ショッピング検索

「利休箸」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ