Yahoo!辞書

kotobank > 北川冬彦とは

 

北川冬彦 【きたがわふゆひこ】

  • 4件の用語解説(北川冬彦で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川冬彦 きたがわ-ふゆひこ
 
1900-1990 大正-昭和時代詩人
明治33年6月3日生まれ。大正14年新散文詩集三半規管喪失」を出版昭和3年「詩と詩論創刊参加し,4年詩集「戦争」で注目される。23年長編叙事詩氾濫」を発表。25年ネオリアリズムを提唱し第2次「時間」を主宰,現代詩を改革しつづけた。平成2年4月12日死去。89歳。滋賀県出身。東京帝大卒。本名は田畔(たぐろ)忠彦。
格言など】義眼の中にダイヤモンドを入れて貰ったとて,何になろう(「戦争」)

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北川冬彦
きたがわふゆひこ

[生]1900.6.3. 大津
[没]1990.4.12. 東京
詩人,映画評論家。第三高等学校を経て 1925年東京大学仏法科卒業,仏文科中退。 24年安西冬衛滝口武士らと詩誌『亜』を創刊。『三半規管喪失』 (1925) ,『検温器と花』 (26) などでダダイズムの詩風を展開,さらに 28年春山行夫西脇順三郎北園克衛らとともに『詩と詩論』を起し,シュルレアリスム運動推進した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きたがわふゆひこ【北川冬彦】
 
(1900~1990) 詩人・映画評論家。滋賀県生まれ。本名,田畔忠彦。東大卒。新散文詩運動を展開,現実を構成物と捉える詩法を試みる。詩集「戦争」「実験室」など。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたがわ‐ふゆひこ 〔きたがは‐〕 【北川冬彦】
 
[1900~1990]詩人・映画評論家。滋賀の生まれ。本名、田畔(たぐろ)忠彦。映画評論で生計を立てるかたわら、雑誌「詩と詩論」の創刊に参加。詩集に「戦争」「三半規管喪失」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北川冬彦に近い言葉→旭川冬まつり|北川[温泉]|吉村冬彦|岡部冬彦|香川冬夫|牧冬彦|藤川冬斎|富山県南砺市北川|埼玉県飯能市北川|福井県小浜市北川

北川冬彦の関連情報

ショッピング検索

「北川冬彦」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ