Yahoo!辞書

kotobank > 南部芳松とは

 

南部芳松 【なんぶよしまつ】

  • 1件の用語解説(南部芳松で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部芳松 なんぶ-よしまつ
 
1894-1976 大正-昭和時代型紙彫刻家。
明治27年9月20日生まれ。父に伊勢(いせ)型紙彫刻の突き彫りをまなぶ。白子徒弟学校中退後,明治42年山梨県谷村で甲斐絹(かいき)型を,44年から東京の小林勇蔵に中形彫刻をまなんだ。大正2年独立する。昭和30年「伊勢型紙突彫」の保持者として人間国宝。昭和51年11月5日死去。82歳。三重県出身

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部芳松に近い言葉→安部芳裕|南部鉄瓶|南部焼き・南部焼|南部煎餅・南部煎餠|山梨県南巨摩郡南部町南部|三代芳松|南部〈町〉|勝部芳房|薗部芳継|南部

南部芳松の関連情報

ショッピング検索

「南部芳松」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ