Yahoo!辞書

kotobank > 印紙税とは

 

印紙税 【いんしぜい】

  • 11件の用語解説(印紙税で検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

経済取引などに関連して作成される文書にかかる流通税。不動産売買賃借契約書、手形、領収書、株券など、所定印紙貼り付け消印することで税金を納める。預貯金通帳など特定の文書について、印紙の貼り付けに代えて、金銭納付する納税義務者申告によって納税義務確定させる、いわゆる申告納税方式が認められている。印紙による納付方法で、印紙税のかかる文書の作成者が、その納付すべき印紙税を文書の作成の時までに納付しなかったり、貼り付けた印紙に所定の消印がされていなかった場合は過怠税制度課税される。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんしぜい【印紙税】 

各種の契約書,手形,金銭の受取書など,印紙税法(1967公布)別表第1課税物件表に掲げる文書を課税物件とする租税。課税物件たる文書にその作成者が印紙(収入印紙)を貼付し,これを作成者の印章等で消印して納付することを原則とする租税であるところからこの名がある。印紙税は,文書作成の背後にある経済取引等に担税力を認めて軽度税率で課税する流通税であり,その税率は,文書の記載金額に応じて負担を求める階級定額税率と,記載金額にかかわらず一律に負担を求める定額税率とを主としている。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

契約書、領収書、約束手形などの文書を作成した際に課される税金のこと。印紙税法で課税対象となる文書が定められており、文書の種類や内容、記載取引金額によって税額が異なる。例えば、3万円以上100万円未満の領収について領収書を作成した場合は、200円の印紙税が課される。 印紙税の納付は、収入印紙を対象文書に貼付・消印することで行う。対象文書を作成したのに収入印紙を貼付しなかった場合は、過怠税が課せられるので注意が必要だ。


Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高額の領収書、手形、契約書など、財産権が移ったり変わったりしたことを証明する書面の作成者が収入印紙を貼って納める。書面を大量発行する場合は後で現金一括納付できる。納付漏れがあると、税額の3倍の「過怠税」が課せられるが、自主申告すれば1.1倍になる。過怠税は毎年50億~60億円台に上っており、約30年前とほぼ同じ額で推移している。
( 2012-08-24 朝日新聞 朝刊 1社会 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産用語辞典の解説

「印紙税」は、印紙税法で定められた課税文書の作成時に課せられる国税をいいます。
主な課税文書は以下通りです。
1) 不動産売買契約書
2) 建築工事請負契約書
3) 土地賃貸借契約書
4) 金銭消費貸借契約書
5) 3万円以上の売上代金領収証
6) 3万円以上の売上代金以外の金銭の領収証


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

印紙税 【いんしぜい】

印紙税法(1967年)に基づき,課税対象の文書の作成者に課せられる国税。財産権の創設移転変更消滅を証明する証書帳簿,および財産権に関する追認承認を証明する証書(売買・請負等の契約書,手形,株券,領収書等)に所定の税額の印紙をはり,消印して納める。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いんしぜい【印紙税】
 
財産上の権利の変動を証明する証書や帳簿,および財産上の権利を承認する証書などを対象などとして,その作成者に対して課せられる税。印紙を証書・帳簿などに貼って消印する方法で納税される。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

印紙税法上で課税対象となる文書を作成する場合課せられる国税。契約書に印紙を貼る形で納税する。 住宅購入時には売買契約書や金銭消費貸借契約書、工事請負契約書などを作成するときに必要となる。契約書に記載する金額により税額が決まる。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印紙税
いんしぜい

財産権の創設,移転などを証明する契約書,たとえば,不動産の譲渡契約書,請負契約書,約束手形,有価証券定款金銭受取書など印紙税法別表で定める合計 20種類の文書に対して課税される国税。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いんし‐ぜい 【印紙税】
 
財産権の創設・移転・変更・消滅などを証明する証書や帳簿の作成者に課せられる租税。印紙をはって消印するという方法で納める。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

契約書や領収書、手形などの文書を作成したときにかかる国の税金のことです。文書の作成者が納付するという義務があります。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の印紙税の言及

【流通税】より
…この形態の税の多くは手数料から発展した。 流通税の例としては,印紙税(印紙),登録免許税,有価証券取引税,取引高税,付加価値税,とん税,特別とん税などがある。印紙税は,財産権の取得や喪失,契約の締結などに関連して発行される特定の証書や帳簿などに課される税であり,手形,有価証券,商品券などの文書に課税され,印紙,証紙の形で徴収される。…
※「印紙税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

印紙税に近い言葉→印紙税一揆|印紙税法会議|印紙税の申告納税|印紙税法|印紙|印紙法|印紙条例|収入印紙|登記印紙|租税及び印紙収入額調べ

印紙税の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「印紙税」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ