Yahoo!辞書

kotobank > 口金とは

 

口金 【クチガネ】

  • 4件の用語解説(口金で検索)

リフォーム用語集の解説

ランプソケットにはめ込んで、電流接続する部分の事。口金の最も一般的なものは、ねじ込み形のもので、他にハロゲンランプなどで、用いられている差込み形のものなど、使用するランプによって様々な形状のものがある。


Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

くちがね【口金】
 

しぼり出し袋の先につけて用いる器具。高さ3~5cmくらいの円錐形で先端花形・星形などの穴があいていて、袋に入れたホイップクリームなどを穴からしぼり出し、ケーキ装飾などに用いる。


(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くち‐がね 【口金】
 
器物の口につける金具。「バッグの―」
電球の根元の金属製の部分。
槍の穂をしっかりと柄(え)の先につける金具。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くちがね【口金】
 
入れ物の口もとをとめる金具。 「ハンドバッグの-」
電球の,ソケットにねじ込む金属の部分。
槍(やり)の穂などの部分をしっかりと保持するため柄(え)の先にはめる金具。 → (のみ)
調理器具の一。クリームなどで飾りを施す際,絞り袋の先につける器具。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口金に近い言葉→火口金|衆口金を鑠かす|関口金鶏|川口金属工業|関口金水

口金の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「口金」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ