Yahoo!辞書

kotobank > 合弁事業とは

 

合弁事業 【ごうべんじぎょう】

  • 1件の用語解説(合弁事業で検索)

会計用語キーワード辞典の解説

一般的にある特定の目的のためにいくつかの会社共同出資して合弁会社設立して行う事業のことをいいます。その出資比率は合弁会社への経営関与度合によって決まります。合弁事業は資本提携業務提携同様に事業共同化の1つであり、単独事業よりも事業が失敗した際のリスクや会などにかかる資金負担が少なくすむ一方、利益がでた場合はそれを出資者間でシェアします。事業の成否について不確定な要素が多い新規事業競争の激しい成熟した事業等において行われることが多いようです。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合弁事業に近い言葉→弁事|合弁|合弁花|合弁花類|合弁会社|合弁企業(ジョイント・ベンチャー)|ESCO事業|奄振(あましん)事業|事業|事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)

合弁事業の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「合弁事業」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ