Yahoo!辞書

kotobank > 営業利益とは

 

営業利益 【えいぎょうりえき】

  • 10件の用語解説(営業利益で検索)

人材マネジメント用語集の解説

・operating income
営業利益 = 売上総利益 - 販売費および一般管理費
・営業利益は、損益計算書上において、売上総利益から販売費および一般管理費を差し引いて計算される利益のことを指す。
企業本来の営業活動における利益であり、受取利息固定資産売却益などによって計上される利益は含まれない。つまり、企業の本業による利益獲得力を示している。
・また、営業利益は人事関連において賞与原資を算出する際の業績指標として活用されることがある。
・活用するメリットは、社員の本業における成果に対する意識付けを強化することが可能になること。一方、デメリットは、営業外損益等のコストが含まれておらず、賞与原資が財務基盤を圧迫する可能性があること。また、キャッシュマネジメントの成果が含まれていないことが挙げられる。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

本業の儲けを表す数値一般企業の純営業活動から生み出された利益のこと。損益計算書上において、売上高から、売上原価および販売費、一般管理費を差し引いて残った利益。数値が大きいほど良い企業とされる。計算した後、利益ではなく損失となった場合営業損失となる。営業利益を大きくるするには、粗利益を大きくする必要があり、具体的には、付加価値の高い魅力ある製品の販売、または一般販売管理費の抑制などコストを削減する必要がある。また銀行業では、損益計算書上の営業利益に該当する項目業務純益と呼んでいる。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えいぎょうりえき【営業利益 operating profit】 

企業が本来の目的とする活動から生ずる営業収益とそのために要した営業費用(営業費(販売費+一般管理費)+売上原価)の差額をいう。差額がマイナスの場合は営業損失operating lossという。企業活動に伴いいろいろな収益費用発生するので,活動状況的確把握するためには,それらを性質に応じて区別して把握することが重要とされ,今日企業会計では,損益計算は,営業損益計算,経常損益計算,純損益計算に分けて行われている。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

営業利益
えいぎょうりえき
operating profit

企業が製品の生産,販売やサービス提供など主たる営業活動で獲得した利益。損益計算書の上では,まず売上高から売上原価を差し引いて売上総利益を計算し,そこからさらに販売費および一般管理費を控除した残りが営業利益である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロービスのMBA経営辞書の解説

企業本来の営業活動における利益。売上総利益(粗利益)から、販売費および一般管理費を差し引いた値。

営業利益 = 売上総利益 - 販売費および一般管理費
会社の本業の利益水準を測る数字である。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

読み方は「えいぎょうりえき」。損益計算書上において、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いた利益のこと。計算後、利益ではなく損失となった場合は、営業損失という。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいぎょうりえき【営業利益】
 
企業の主たる営業活動から生じた利益。売上高から,売上原価や販売費などを差し引くことで求められる。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいぎょう‐りえき 〔エイゲフ‐〕 【営業利益】
 
企業の主たる営業活動から発生する利益。売上高から売上原価を控除して売上総利益を算出し、その金額から販売費および一般管理費の合計額を控除して求める。営業黒字

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

損益計算書において、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いた利益のこと。計算後、損失となってしまった場合は、これを営業損失といいます。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

売上総利益から、販売費及び一般管理費を差し引いた金額。 本来の営業活動の成果として得られた利益を意味する。


Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の営業利益の言及

【売上総利益】より
…売上総利益は,会社の活動目的から生み出された利益で,会社の利益の基本的源泉をなし,売上収益に対するこの利益の割合(売上高総利益率)は,会社の収益力を表す指標であり,同業会社との競争力をみるうえで重要である。この利益から営業費を控除したものが営業利益であり,さらに営業外損益,特別損益が加減されて純利益が計算される。【前田 貞芳】。…
【経常利益】より
…マイナスの場合は経常損失という。経常利益(損失)は,企業が目的とする本来の営業活動に伴い発生する営業損益と,その活動に付随して反復的に生ずる営業外損益により構成され,計算上は,売上高から売上原価と企業目的達成に不可欠な販売費,人件費などの営業費(販売費および一般管理費)を控除して算出された営業利益に,おもに財務上の損益である営業外損益を加減して算出される。経常利益は,取引や項目の発生の頻度および金額の多寡による概念で,正常な状態で企業活動が行われた場合に継続的に発生すると期待される利益をさす。…
※「営業利益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

営業利益に近い言葉→営業利益と当期利益|営業利益/経常利益/純利益|営業利益率|資本営業利益率|売上高営業利益率|起業利得|粗利益・荒利益|利益|個人営業|御利益

営業利益の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「営業利益」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ