Yahoo!辞書

kotobank > 四つの自由とは

 

四つの自由 【よっつのじゆう】

  • 3件の用語解説(四つの自由で検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四つの自由
よっつのじゆう
Four Freedoms

1941年1月6日アメリカの F.ルーズベルト大統領一般教書のなかで表明した民主主義の原則で,(1) 表現の自由,(2) 信仰の自由,(3) 欠乏からの自由 (平和生活を保障する経済上の相互理解) ,(4) 恐怖からの自由 (軍縮による侵略手段除去) の4つの自由。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よっつのじゆう【四つの自由】
 
F = D =ルーズベルトが1941年の年頭教書で主張した言葉。言論の自由・信教の自由・欠乏からの自由・恐怖からの自由の四つ。大西洋憲章・国際連合憲章の基礎となった。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よっつ‐の‐じゆう 〔‐ジイウ〕 【四つの自由】
 
米国大統領F=D=ルーズベルトが、1941年の年頭教書提唱した、言論意志表明の自由、信仰の自由、欠乏からの自由、恐怖からの自由のこと。民主主義根幹として、大西洋憲章国連憲章の基礎となった。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の四つの自由の言及

【第2次世界大戦】より
…ことに40年ドイツが勝利を重ね,日本の動きも活発になるに従い,これらの国々への姿勢も厳しくなっていった。41年1月ローズベルトは年頭教書において,言論・表現の自由,神を敬う自由,欠乏からの自由,恐怖からの自由という〈四つの自由〉を〈戦うに値する事物〉と説くと同時に,デモクラシーの兵器廠となることを宣言した。3月武器援助を可能とする武器貸与法が成立し,イギリスとの協力関係も軍事作戦の面で密接になっていった。…
※「四つの自由」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四つの自由に近い言葉→空の五つの自由|ヘルムホルツの自由エネルギー|言葉のかげの自由|四つの気質|思想の自由|学問の自由|結社の自由|身体の自由|言論の自由|人身の自由

四つの自由の関連情報

ショッピング検索

「四つの自由」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ