Yahoo!辞書

kotobank > 壊疽とは

 

壊疽 【えそ】

  • 5件の用語解説(壊疽で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えそ【壊疽 gangrene 

壊死(えし)に陥った組織腐敗菌による感染を受けて腐敗し,黒変して悪臭を放つようになったものをいう。古くからの用語。起炎菌としては嫌気性菌クロストリジウムが最も多い。糖分融解してガスを発生する場合には,ガス壊疽ということがある。腸管壊死は,放置すれば必ず壊疽に陥る。虫垂炎も放置すれば壊疽性となる。壊疽に陥りやすいのはほかに,肺,子宮手足の指など,外界連絡のあるものに限られる。本来の壊疽は腐敗・融解を起こす湿性病変であるが,血管閉塞によって足指が壊死に陥り,感染を受けることなく,その部位乾燥して黒色になることがある。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壊疽
えそ
gangrene

壊死一種。壊死に陥った組織が,乾燥や感染などで2次的変化を受け,性状外観が著しく変ったものをいう。一般に壊疽または脱疽といわれるのは湿性壊疽で,壊死巣が腐敗したものをいう。これは嫌気性の腐敗菌によることが多く,病変部位は泥状できたなく,異臭を放つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壊疽 【えそ】

脱疽とも。壊死の一種で,壊死に陥った組織が腐敗菌による感染を受けて腐敗し,黒変して悪臭を放つもの。原因別には,火傷凍傷などによるもの,自律神経障害によるもの,ガス壊疽丹毒など細菌性のもの,血行障害によるものなど。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

えそ【壊疽】
 
局所的に壊死(えし)した組織の表面が黒変した状態。脱疽。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

え‐そ 〔ヱ‐〕 【×疽】
 
壊死(えし)状態から、腐敗菌感染などのためにさらに悪化したもの。脱疽(だっそ)

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壊疽に近い言葉→肺壊疽|ガス壊疽|壊疽性口内炎|壊疽性亀頭炎|壊疽をおこす病気のいろいろ|進行性鼻壊疽(ウェゲナー肉芽腫症/非腫瘤型T細胞リンパ腫)

壊疽の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「壊疽」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ