Yahoo!辞書

kotobank > 多田智満子とは

 

多田智満子 【ただちまこ】

  • 1件の用語解説(多田智満子で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田智満子 ただ-ちまこ
 
1930-2003 昭和後期-平成時代詩人,エッセイスト,翻訳家。
昭和5年4月1日生まれ。「たうろす」同人。昭和62-平成14年英知教授。「花火」「薔薇宇宙」「贋の年代記」などを発表し,昭和55年「蓮喰いびと」で現代詩女流賞,平成10年「川のほとりに」で現代詩花椿賞。13年「長い川のある国」で読売文学賞。歴史神話豊富知識をもとにした知的風格を感じさせる詩がおおい。訳書ユルスナールハドリアヌス帝の回想」,「サン=ジョン・ペルス詩集」,評論に「鏡のテオーリア」など。平成15年1月23日死去。72歳。福岡県出身慶大卒。本名加藤智満子。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多田智満子に近い言葉→和田智満|兵庫県川西市多田院多田所町|満子女王|住田智見|大場智満|谷玖満子|千葉県香取市多田|岡山県真庭市多田|福井県小浜市多田|福岡県飯塚市多田

多田智満子の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「多田智満子」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月26日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ