Yahoo!辞書

kotobank > 大太法師とは

 

大太法師 【ダイダボウシ】

  • 7件の用語解説(大太法師で検索)

デジタル大辞泉の解説

だいだ‐ぼうし 〔‐ボフシ〕 【大太法師】
 
伝説上の巨人怪力をもち、富士山一夜でつくり上げたとか、榛名(はるな)山に腰掛けて利根川で足を洗ったりしたとかいう、さまざまな伝承がある。だいだらぼうし。だいだらぼっち。だいだぼっち。だいだらぼう。だいだらぼっち。

だいだら‐ぼっち 【大太法師】
 
「だいだぼうし(大太法師)」に同じ。

だいだ‐ぼっち 【大太法師】
 
「だいだぼうし(大太法師)」に同じ。

でえたら‐ぼっち 【大太法師】
 
⇒だいだぼうし

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大太法師 だいだらぼっち
 
伝説上の巨人。
池,沼,山などをつくったとされる怪力の持ち主。富士山を一夜でつくるなど,その伝説は東日本にひろく分布する。「だだ坊」「でいらぼー」「だいらぼう」などともよばれる。
インタレストマッチ - 広告の掲載について

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

大辞林 第三版の解説

だいだらぼうし【大太法師】
 
伝説上の巨人の名。富士山を一夜で作ったとか,榛名(はるな)山に腰掛けて利根川で足を洗ったとか,また,足形をした沼や窪地をこの巨人の足形だとかいう話が多い。だいだぼうし。だいだらぼっち。だいだぼっち。だいだらぼう。


だいだぼっち【大太法師】
 
「 だいだらぼうし 」に同じ。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大太法師の言及

【だいだらぼっち】より
…ダダ坊,デイラボー,大太法師などとも呼ばれる伝説の巨人。関東,中部地方を中心に広く分布している。…
※「大太法師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大太法師に近い言葉→大太刀|大太鼓|法師ヶ母|法師蝉・法師蟬|我法師・和法師|法師為り・法師成り|大太|痩せ法師・瘦せ法師|我法師|法師歌

大太法師の関連情報

ショッピング検索

「大太法師」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月17日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ