Yahoo!辞書

kotobank > 大河内伝次郎とは

 

大河内伝次郎 【おおこうちでんじろう】

  • 6件の用語解説(大河内伝次郎で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおこうちでんじろう【大河内伝次郎】  1898‐1962(明治31‐昭和37)

映画俳優日本映画史上屈指名作忠次旅日記》三部作(1927)で悲運の国定忠治を好演激烈さと暗さに満ちた風貌演技妖気のような魅力を放って,当時の暗い世相に訴え,人気を博した。白塗り美男という従来の時代劇スター定型が,ここで破られたといえる。この作品の伊藤大輔監督とは,主演第1作《長恨》(1926)での決定的な出会い以降コンビで《血煙高田馬場》《素浪人忠弥》《興亡新撰組》《御誂次郎吉格子》などの名作を生んだ。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内伝次郎 おおこうち-でんじろう
 
1898-1962 大正-昭和時代の映画俳優。
明治31年2月5日生まれ。新国劇をへて大正15年日活入社,伊藤大輔監督とのコンビで「長恨」「忠次旅日記」に主演し,一躍時代劇スターとなる。「丹下左膳」の左膳が当たり役。独特台詞まわしに人気があり,戦中戦後は現代劇でも好演した。昭和37年7月18日死去。64歳。福岡県出身大阪商業卒。本名は大辺男(おおべ-ますお)。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大河内伝次郎
おおこうちでんじろう

[生]1898.3.5. 福岡
[没]1962.7.18. 京都
映画俳優。本名大辺男 (ますお) 。最初新国劇の俳優であったが,1926年日活に入社,『水戸黄門』でデビュー。名作『長恨』 (1926) や『忠次旅日記』 (3部作,27) で時代劇スターの座を確立

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおこうちでんじろう【大河内伝次郎】
 
(1898~1962) 映画俳優。福岡県生まれ。本名,大辺男(おおべますお)。舞台から時代劇入りし,「忠次旅日記」「新版大岡政談」「血煙高田馬場」「丹下左膳」など,男性的力動感で一世を風靡(ふうび)。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおこうち‐でんじろう 〔おほかふちデンジラウ〕 【大河内伝次郎】
 
[1898~1962]映画俳優。本名は大辺男(おおべますお)。福岡の生まれ。伊藤大輔(いとうだいすけ)監督と組んで、昭和初期時代劇映画活躍した。代表作は「忠次旅日記」(三部作)「丹下左膳」「続大岡政談・魔像篇」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大河内伝次郎 【おおこうちでんじろう】

映画俳優。本名大辺男(ますお)。福岡生れ。新国劇俳優から1926年映画界入り,伊藤大輔の《長恨》(1926年)や《忠次旅日記》(1927年)で時代劇スターとなる。 (1898-1962)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の大河内伝次郎の言及

【時代劇映画】より
…そして尾上松之助の死後,河部五郎を後継スターとして時代劇を量産するうち,まもなく日活が時代劇における決定的な大変革をもたらした。すなわち,〈時代劇〉の呼称を生み出した伊藤大輔がみずからの脚本,監督のもと,《長恨》に続いて新スター・大河内伝次郎と組んだ《忠次旅日記》三部作(1927)の出現である。この作品は,あくまで時代劇ならではの手法を駆使して1人の無法者の流転と敗残の姿を描きつつ,現代的ともいえる人間の感情をなまなましく表現して,時代劇を超える時代劇として絶賛され,以後,日本映画史上の最高傑作の一つとみなされている。…
【大菩薩峠】より
…【尾崎 秀樹】
[映画]
 妖剣をふるう盲目の剣客机竜之助の特異な人物像,彼をめぐる多彩な登場人物の流転,波瀾万丈の筋立てなど,あらゆる点で時代劇映画の魅惑をそなえているところから,《大菩薩峠》はこれまでに5度も(本数にして12本)映画化されている。 最初の映画化は日活の《大菩薩峠》二部作(1935‐36)で,監督は稲垣浩(第1部には山中貞雄と荒井良平が応援監督),机竜之助には大河内伝次郎,お浜には入江たか子が扮した。第2回は東映の《大菩薩峠》三部作(1953)で,監督は渡辺邦男,机竜之助を片岡千恵蔵,お浜・お豊の二役を三浦光子が演じた。…
【丹下左膳】より
…隻眼隻手の超人的怪剣士・丹下左膳が,スクリーン上に初めて登場したのは1928年5月のことである。原作は林不忘(ふぼう)の《大岡政談・鈴川源十郎の巻》で,この映画化が3社競作となったため,日活版の大河内伝次郎,東亜キネマ版の団徳麿,マキノ版の嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)と,同時に3人の丹下左膳が出現した。3本の映画はいずれも《新版大岡政談》という題名で,監督は日活版が伊藤大輔,東亜キネマ版が広瀬五郎,マキノ版が二川文太郎である。…
【忠次旅日記】より
…〈第三部御用篇〉は,伊藤大輔が唐沢弘光カメラマンと組み,〈移動大好き〉と呼ばれて時代劇のスタイルに新風を吹き込むことになる名コンビの第1作である。 上州の博徒国定忠次(大河内伝次郎)が,役人に追われて流浪し,周囲の人間に裏切られ,落ちていく悲劇を描く。その底に流れているのは権力に対する反抗の思想で,忠次が命をかけてたたかう相手は御用ちょうちんに象徴される権力である。…
【忠臣蔵映画】より
… 初のトーキー〈忠臣蔵〉は,32年の松竹作品《忠臣蔵》で,衣笠貞之助監督,阪東妻三郎の大石内蔵助,林長二郎(のち長谷川一夫)の浅野内匠頭などのオールスター・キャストである。34年には日活が,伊藤大輔監督,大河内伝次郎の大石内蔵助,片岡千恵蔵の浅野内匠頭で,トーキー《忠臣蔵》をつくった。こうして各社のオールスター作品がつづくなか,真山青果原作で前進座などの演劇人と松竹スターが出演した溝口健二監督《元禄忠臣蔵》二部作(1941‐42)が,芸術性の高いものとして注目を集め,この作品以降,第2次世界大戦中には本格的な忠臣蔵映画は姿を消した。…
※「大河内伝次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大河内伝次郎に近い言葉→大河内|鳥取県倉吉市大河内|愛媛県松山市大河内|山口県周南市大河内|福岡県豊前市大河内|幸徳伝次郎|福井県南条郡南越前町大河内|中村伝次郎(5世)|三重県松阪市大河内町|宮崎県東臼杵郡椎葉村大河内

大河内伝次郎の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「大河内伝次郎」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月29日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ