Yahoo!辞書

kotobank > 定額小為替とは

 

定額小為替 【テイガクコガワセ】

  • 3件の用語解説(定額小為替で検索)

デジタル大辞泉の解説

ていがく‐こがわせ 〔‐こがはせ〕 【定額小為替】
 
ゆうちょ銀行が提供する送金決済サービスの一。50円から1000円まで12種類の額面の定額小為替証書を組み合わせて送金する。受け取った定額小為替は郵便局ゆうちょ銀行窓口換金できる。普通郵便送付でき、郵便物が届かないなど郵便事故場合受領証書を提示して返金を受けることができる。有効期間は発行日から6か月。有効期間が経過すると再発行の手続きが必要となる。また、5年以上経過すると換金できなくなる場合がある。
かつて郵政公社が行った郵便為替の一。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定額小為替 【ていがくこがわせ】

内国郵便為替一種普通為替特殊なもので,証書金額は50円から1万円まで15種。この定額を郵便局に差し出して定額小為替証書の発行を受け,受取人に送付し,受取人はこれと引換えに任意の郵便局から払渡しを受ける。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ていがくこがわせ【定額小為替】
 
郵便為替の一。小額の送金方法。料金が安い。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の定額小為替の言及

【郵便為替】より
… 国営の為替制度は1817年フランスにおいて初めて実施され,日本では前島密(まえじまひそか)等の努力により74年9月郵便為替規則が制定され,75年1月から実施された。国内隔地間送金には,普通為替,電信為替,定額小為替の3種類がある。普通為替は,75年に開始されたもので,郵便局が差出人から持ち込まれた現金に対し為替証書を発行,差出人がこれを受取人に送付し,受取人がその為替証書と引換えに郵便局窓口で為替金を受け取る仕組み。…
※「定額小為替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

定額小為替に近い言葉→小為替|定額小作|定額|受け為替・受為替|売り為替・売為替|買い為替・買為替|定額法|定額制|定額寺|定額僧

定額小為替の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「定額小為替」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ