Yahoo!辞書

kotobank > 小栗康平とは

 

小栗康平 【おぐりこうへい】

  • 4件の用語解説(小栗康平で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗康平 おぐり-こうへい
 
1945- 昭和後期-平成時代映画監督
昭和20年10月29日生まれ。フリー助監督をへて昭和56年第1作「泥の河」でブルーリボン作品賞やおおくの海外の賞をうける。第2作は「伽倻子(かやこ)のために」。第3作「死の棘」で平成2年カンヌ映画祭グランプリ。8年「眠る男」,17年「埋もれ木」を監督した。群馬県出身。早大卒。著作に「哀切痛切」「見ること,在ること」「時間をほどく」。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小栗康平
おぐりこうへい

[生]1945.10.29. 群馬
映画監督。早稲田大学文学部卒業浦山桐郎監督に師事し,1981年『泥の河』でデビュー底辺に生きる人々の哀感情感豊か映像描写し,各賞を独占した。 84年『伽 倻子のために』で日本人で初めてフランスのジョルジュ・サドゥール賞を受賞

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おぐり‐こうへい 〔をぐりカウヘイ〕 【小栗康平】
 
[1945~ ]映画監督。群馬の生まれ。「泥の河」で監督デビュー。国内外で高い評価を得る。平成2年(1990)「死の棘(とげ)」でカンヌ国際映画祭審査特別グランプリと国際映画批評家連盟賞を受賞。他に「眠る男」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小栗康平 【おぐりこうへい】

映画監督。群馬県生れ。1968年早大卒。篠田正浩監督《心中天の網島》(1969年)でフリー助監督を務めた後,浦山桐郎監督に師事して《青春の門》(1975年)などの助監督を務める。 (1945-)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

小栗康平に近い言葉→康平|小栗上野介忠順(おぐり・こうずけのすけ・ただまさ)|茨城県筑西市小栗|愛媛県松山市小栗|小栗上野介(1827〜68)|小栗栖|小栗|小栗上野介忠順(ただまさ)|青森県弘前市小栗山|石川県七尾市小栗町

小栗康平の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「小栗康平」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ