Yahoo!辞書

kotobank > 川島雄三とは

 

川島雄三 【かわしまゆうぞう】

  • 5件の用語解説(川島雄三で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわしまゆうぞう【川島雄三】  1918‐63(大正7‐昭和38)

映画監督みずから軽佻浮薄派を名のり,戦後日本映画史に特異位置を占めた。青森県下北郡生れ小児麻痺という肉体的ハンディキャップ伝説化した暴飲奇行癖によって,代表作《幕末太陽伝》(1957)の主人公,居残り左平次にその自伝イメージを見る人も多い。1963年,45歳で早世したが,日活時代助監督今村昌平は,〈芸術もあった,戦争もあった,泥酔喧嘩恋愛嫉妬も,ケチも痛快憎悪も,あらゆるものが充実し,煮つまり,華やかに在った〉(《サヨナラだけが人生だ――映画監督川島雄三の一生》)と書いている。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

川島雄三 【かわしまゆうぞう】

映画監督。青森県生れ。明治大卒業後,松竹大船撮影所に入所。《還って来た男》(1944年)でデビュー。《オオ! 市民諸君》(1948年)などを手がけたのち1955年日活に移籍し,《洲崎パラダイス赤信号》(1956年),《幕末太陽伝》(1957年),《貸間あり》(1959年),《しとやかな獣》(1962年)などの傑作発表 (1918-1963)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川島雄三 かわしま-ゆうぞう
 
1918-1963 昭和時代の映画監督。
大正7年2月4日生まれ。松竹に入社して渋谷実らにつき,昭和19年監督昇進。30年日活にうつり,風俗映画喜劇才能発揮。代表作に「洲崎パラダイス・赤信号」「幕末太陽伝」「貸間あり」「雁の寺」がある。昭和38年6月11日死去。45歳。青森県出身。明大卒。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわしまゆうぞう【川島雄三】
 
(1918~1963) 映画監督。青森県生まれ。人間の生を戯画化する軽妙でモダンな作風を多彩な作品で繰り広げた。「洲崎パラダイス・赤信号」「幕末太陽伝」「しとやかな獣」「雁の寺」など。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわしま‐ゆうぞう 〔かはしまユウザウ〕 【川島雄三】
 
[1918~1963]映画監督。青森の生まれ。「還って来た男」で監督デビュー。スラップスティック喜劇や風俗喜劇で知られる。水上勉原作「雁(がん)の寺」など、文芸作品でも評価された。他に「幕末太陽伝」「女は二度生れる」「しとやかな獣」など。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川島雄三の言及

【喜劇映画】より
…そうした中で,植木等主演の《ニッポン無責任時代》(1962)は,サラリーマン喜劇に属しながら,陽気なピカレスクの輝きを見せ,異彩を放つが,シリーズ化された後続の作品は平凡なものとなった。 喜劇を得意とする作家としては,〈軽薄才子〉と評された初期の市川崑が,《足にさわった女》(1952),《青春銭形平次》《愛人》(ともに1953)などで発揮したモダニズムとダンディズム,また,一見それと似た軽さを示しつつも,戦後的なニヒリズムを根本とした川島雄三の《幕末太陽伝》(1957),《貸間あり》(1959),《しとやかな獣》(1962)などの,世をすねたユーモアも忘れがたい。しかし,こうしたドライな,時として毒のある笑いは,大衆受けはしなかった。…
【幕末太陽伝】より
…1957年製作の日活映画。1944年に松竹でデビューしてから20年間に風俗喜劇,メロドラマなど各社で合計50本の作品をつくり,戯作者的な資質と才気によって〈鬼才〉ともよばれ,45歳の若さで急死した川島雄三監督の代表作であり,日本では〈異色〉の喜劇映画の名作とされる。 日本の〈現代〉を描いていけば究極的に喜劇になる,と考えていた川島雄三が,江戸古典落語の《居残り佐平次》その他の〈廓(くるわ)もの〉を素材に,時代を文久2年(1862)に設定して,勤皇と佐幕にわかれて揺れ動く武士の世界を町人の世界にからませた物語を,〈グランド・ホテル形式〉で構成,江戸の町人が武士階級に対する理想像としてつくりあげた架空の人物である佐平次(フランキー堺)と,歴史上の勤皇の志士で当時の〈太陽族〉でもあった高杉晋作(石原裕次郎)の,動乱の時代における生きざまに託して,〈現代〉を描いた傑作である。…
※「川島雄三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川島雄三に近い言葉→秋田県横手市大雄三村|秋田県横手市大雄三村西|秋田県横手市大雄三村北|秋田県横手市大雄三村東|嶋中雄三|川島|徳島県吉野川市川島町川島|中島雄|小田島雄志|英雄三国志

川島雄三の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「川島雄三」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ