Yahoo!辞書

kotobank > 幸いとは

 

幸い 【サイワイ】

  • 2件の用語解説(幸いで検索)

デジタル大辞泉の解説

さい‐わい 〔‐はひ〕 【幸い】
 
《「さきわ(幸)い」の音変化
[名・形動]
その人にとって望ましく、ありがたいこと。また、そのさま。しあわせ。幸福。「不幸中の―」「君たちの未来に―あれと祈る」「御笑納いただければ―です」
運のいいさま。また、都合のいいさま。「―なことに明日は休みだ」
(「さいわいに」の形で)そうしていただければしあわせだと人に頼む気持ちを表す。どうぞ。なにとぞ。「読者―に恕せよ」〈蘆花自然と人生
[副]運よく。都合よく。幸せにも。「―命だけは助かった」「―と事はうまく運んだ」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいわい【幸い】
 
〔「さきわい」の転〕
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
自分にとって望ましく感じられる精神的状態。しあわせ。幸福。 「不幸中の-」 「 -を得る」 「 -あれと祈る」 〔手紙文など改まった場面で,相手に願いごとを聞き入れてほしいという気持ちを表すことがある。「召し上がっていただければ-です」〕
ある状態が,あることをするのに都合がよいさま。 「 -なことに空も晴れてきた」
( 副 )
運よく。折よく。幸運に。 「 -天候に恵まれた」 「 -けがはなかった」 → さいわいする


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幸いに近い言葉→幸い織り・幸い織|幸い織|幸い木|零れ幸い|紛れ幸い|物怪の幸い|此れ幸いと|不幸中の幸い|幸いなる哉|幸いする

幸いの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「幸い」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ