Yahoo!辞書

kotobank > 後腹膜腫瘍とは

 

後腹膜腫瘍 【こうふくまくしゅよう】

  • 1件の用語解説(後腹膜腫瘍で検索)

家庭医学館の解説

こうふくまくしゅよう【後腹膜腫瘍】
 
 後腹膜腔(こうふくまくくう)というのは、壁側腹膜(へきそくふくまく)と後腹壁(こうふくへき)の間にある腰仙部(ようせんぶ)領域で、第12胸椎(きょうつい)から骨盤上線(こつばんじょうせん)までをいいます(図「腹部の横断面」)。ここには腎臓(じんぞう)、脾臓(ひぞう)、副腎(ふくじん)などの臓器がありますが、それら以外の、臓器の形をしていない脂肪組織結合組織などから発生した腫瘍が後腹膜腫瘍です。良性悪性がありますが、悪性が多くみられます。
 おもな症状は、腫瘍による圧排(あっぱい)(圧迫感)と、浸潤(しんじゅん)(がん細胞組織を侵すこと)による腹痛、腫瘤(しゅりゅう)の触知(しょくち)(外からしこりを触れる)、消化管の不定愁訴(ふていしゅうそ)(違和感)などです。
 超音波検査、CT検査シンチグラムなどで調べて診断されます。
 治療は腫瘤を摘出することですが、大きく広がって摘出できないときは、抗がん剤放射線治療が行なわれます。
 悪性の場合進行してから見つかることが多いので、予後(治療後の経過)はあまりよくありません。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

後腹膜腫瘍に近い言葉→後腹|腹膜|後腹が病める|腹膜炎|腫瘍|腹膜炎 (peritonitis)|骨腫瘍|脳腫瘍|悪性腫瘍|良性腫瘍

後腹膜腫瘍の関連情報

ショッピング検索

「後腹膜腫瘍」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ