Yahoo!辞書

kotobank > 抗ヒスタミン剤とは

 

抗ヒスタミン剤 【コウヒスタミンザイ】

  • 4件の用語解説(抗ヒスタミン剤で検索)

デジタル大辞泉の解説

こうヒスタミン‐ざい 〔カウ‐〕 【抗ヒスタミン剤】
 
ヒスタミン作用抑制し、あるいはその分解を促す薬。体内ヒスタミン大量に生じるために起こると考えられる、じんましん・鼻炎喘息(ぜんそく)などのアレルギー症状治療に用いられる。抗ヒスタミン薬

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集の解説

抗生物質一種で、腔腸類や有毒生物に刺された傷に有効。これの入った軟膏ダイバーのファーストエイドキットの必需品だ。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

栄養・生化学辞典の解説

抗ヒスタミン剤
 
 →抗ヒスタミン薬


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうヒスタミンざい【抗ヒスタミン剤】
 
体内に発生するヒスタミンの作用を軽減する薬剤。蕁麻疹(じんましん)・鼻炎など各種アレルギー性疾患の治療に用いられる。感冒・乗り物酔いにも効果がある。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の抗ヒスタミン剤の言及

【風邪薬】より
…症状の多様性に対応して次のような各種の薬物が配合される。
抗ヒスタミン薬
 抗ヒスタミン剤ともいう。各種の炎症やアレルギー性症状が生体内貯蔵部位から遊離されたヒスタミンによって生ずるという考えから,抗ヒスタミン薬を配合する。…
【抗ヒスタミン薬】より
抗ヒスタミン剤ともいう。生体内アミンの一つであるヒスタミンの作用に拮抗する薬物。…
【蕁麻疹】より
…しかしながら,この方法は,まれに重篤な反応(ショック)をひき起こすことなどにより,現在では再検討されつつある。 病因が不明な蕁麻疹,あるいはなんらかの治療を行っても症状の軽快しないような場合には,対症療法として抗ヒスタミン剤が日常最も多く使用されている。抗ヒスタミン剤は,細胞膜にあるとされるヒスタミンレセプターに競合的に働くため,蕁麻疹の発現をおさえ,かゆみを止める効果がある。…
※「抗ヒスタミン剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

抗ヒスタミン剤に近い言葉→抗ヒスタミン薬|ヒスタミン|ヒスタミン中毒|抗ビタミン剤|ヒスタミナーゼ|グルタミン酸|抗プラスミン剤|脂溶性ビタミン (fat soluble vitamins)|水溶性ビタミン (water soluble vitamins)|サパティスタ民族解放軍

抗ヒスタミン剤の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「抗ヒスタミン剤」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月20日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ