Yahoo!辞書

kotobank > 施すとは

 

施す 【ホドコス】

  • 4件の用語解説(施すで検索)

デジタル大辞泉の解説

ほどこ・す 【施す】
 
[動サ五(四)]
恵まれない人に物質的な援助を与える。あわれみの気持ちで、人が困っている状態を助けるような行為をする。恵み与える。「難民食糧を―・す」「医療を―・す」「恩恵を―・す」
飾りや補いのために何かを付け加える。「細工を―・す」「花木に油かすを―・す」「撥水加工を―・したスーツ
効果影響期待して、事を行う。「策を―・す」
事態を改善するようなことを行う。「―・すすべもない」
(「面目をほどこす」の形で)あることを立派になしとげて高い評価を保つ。「仕事成功させて面目を―・す」
広く行きわたらせる。「いよいよ頼朝、権を―・して」〈増鏡・新島守〉
種などを蒔(ま)く。「八十木種(やそこだね)に、皆能く―・し生(う)うとのたまふ」〈神代紀・上〉
[可能]ほどこせる

せ・す 【施す】
 
[動サ変]ほどこす。施行(せぎょう)する。「檀特山に入るとも、兼雅らけだものに―・すべき身かは」〈宇津保・俊蔭〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほどこす【施す】
 
( 動サ五[四] )
金銭・物品や恩恵などを恵み与える。 「貧者にパンを-・す」 「恩恵を-・す」 「人に情けを-・す」
田畑に肥料や種をまく。 「下肥を-・す」 「八十木種に皆能く-・し生(う)う/日本書紀 神代上訓」
装飾や加工を加える。 「迷彩を-・した戦車」 「防水加工を-・した布」 「蒔絵(まきえ)を-・す」
ある事態に対し,何らかの手段をとる。行う。 「もはや-・すすべもない」 「手の-・しようがない」
広くゆきわたらせる。 「世界に名を-・して/宇津保 あて宮」 「いよいよ頼朝,権を-・して/増鏡 新島守」
[可能]ほどこせる
[慣用] 面目を-


せす【施す】
 
( 動サ変 )
物をほどこし与える。施行する。 「かひなき身をば熊・狼にも-・し侍りなむ/源氏 若菜上」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

施すに近い言葉→策を施す|面目を施す|己の欲せざるところは人に施す勿れ|物は宜しき所有り材は施す所有り|礼は未然の前に禁じ法は已然の後に施す|有声の声は百里に過ぎず無声の声は四海に施す|己の欲せざる所は人に施す勿れ

施すの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「施す」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ