Yahoo!辞書

kotobank > 日本書紀通証とは

 

日本書紀通証 【にほんしょきつうしょう】

  • 3件の用語解説(日本書紀通証で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしょきつうしょう【日本書紀通証】 

注釈書。谷川士清(ことすが)著。1748年(寛延1)成る。35巻。《日本書紀全体にわたる最初詳細な注釈である。〈神代紀〉については中世神道思想垂加神道影響がいちじるしく認められるが,〈皇代紀〉については日本中国文献参照しながら,士清が独力で注釈したところが多い。《日本書紀》を正しく解釈することによって国体をあきらかにするという士清の意図は,国学立場に近い。【平野 仁啓】


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

にほんしょきつうしょう 【日本書紀通証】
 
日本書紀全巻にわたる最初の注釈書。35巻。谷川士清(たにかわことすが)著。宝暦12年(1762)刊。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にほんしょきつうしょう【日本書紀通証】
 
注釈書。三五巻。谷川士清(ことすが)著。1748年成立。62年刊。語義注釈のほか,垂加神道の立場からの解釈を述べる。日本書紀全巻にわたる最初の注釈。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本書紀通証に近い言葉→日本書紀通釈|日本書紀|『日本書紀』|日本書紀伝|日本書紀纂疏|日本書籍出版協会|流通証券|書紀|本書|竹書紀年

日本書紀通証の関連情報

ショッピング検索

「日本書紀通証」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月16日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ