Yahoo!辞書

kotobank > 根岸信五郎とは

 

根岸信五郎 【ねぎししんごろう】

  • 1件の用語解説(根岸信五郎で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根岸信五郎 ねぎし-しんごろう
 
1844-1913 幕末-明治時代の剣道家。
天保(てんぽう)15年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士江戸で神道無念流を斎藤弥九郎(2代)にまなび,帰藩して戊辰(ぼしん)戦争参加明治12年東京に遊心流有信館をひらき,警察などで教授大正元年大日本帝国剣道形制定時には主査をつとめた。弟子中山博道。大正2年9月15日死去。70歳。本姓牧野。名は音善。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根岸信五郎に近い言葉→六信五行|岸信宏|根岸|長野県佐久市根岸|東京都台東区根岸|群馬県藤岡市根岸|宮城県石巻市根岸|千葉県木更津市根岸|岸信介|根岸鎮衛

根岸信五郎の関連情報

ショッピング検索

「根岸信五郎」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ