Yahoo!辞書

kotobank > 検事長とは

 

検事長 【けんじちょう】

  • 3件の用語解説(検事長で検索)

大辞林 第三版の解説

けんじちょう【検事長】
 
高等検察庁の長である検察官。庁務を掌管し,かつ管内の地方検察庁および区検察庁の職員を指揮・監督する。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検事長
けんじちょう

検察官の官名の一つで,高等検察庁長官の職につく。庁務を掌理し,その庁および管轄下にある地方検察庁区検察庁の職員を指揮監督する権限をもつ (検察庁法8) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんじ‐ちょう 〔‐チヤウ〕 【検事長】
 
検察官職階の一。高等検察庁の長として庁務を掌理し、その庁および管内の地方検察庁区検察庁の職員を指揮・監督する。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の検事長の言及

【検察制度】より
…裁判所構成法に代えて裁判所法(1947公布)および検察庁法(1947公布)が制定され,検察庁法が現在の検察制度の基本法となるのである。
[現在の検察制度]
 検察庁法によると,検察官は,検事総長,次長検事,検事長,検事および副検事の総称である。検察官の行う事務を統括する官署が検察庁であり,裁判所の組織・配置に対応して,最高検察庁,高等検察庁(東京,大阪,名古屋,札幌,仙台,広島,高松,福岡),地方検察庁(都道府県庁所在地のほか旭川,釧路,函館の50庁),区検察庁(438庁)が置かれている(1997年4月現在)。…
※「検事長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

検事長に近い言葉→理事長|幹事長|検事|副検事|検事正|検事局|次長検事|検事総長|逆転検事2|赤かぶ検事京都篇

検事長の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「検事長」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ