Yahoo!辞書

kotobank > 武蔵堆とは

 

武蔵堆 【むさしたい】

  • 2件の用語解説(武蔵堆で検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武蔵堆
むさしたい

北海道礼文島の南南西にある日本海中の浅所。最浅点は 150m前後。 1925年測量艦『武蔵』によって発見され,武蔵堆と命名された。堆はほぼ平坦で 200m以浅のところは玄武岩,流紋岩,ケイ質泥岩などの岩盤で,これらと同質の礫も発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武蔵堆 【むさしたい】

北海道留萌(るもい)地域の沖,日本海にある堆。北緯44°~45°,東経140°~141°の範囲にあり,1925年測量艦〈武蔵〉が発見。大堆と小堆に分かれ,頂部は平たんな台地状を呈し,最浅地点は10m。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

武蔵堆に近い言葉→武蔵[温泉]|武蔵野|武蔵野陵|武蔵〈町〉|武蔵|福岡県筑紫野市武蔵|武蔵平|武蔵鐙|武蔵絣|武蔵[町]

武蔵堆の関連情報

ショッピング検索

「武蔵堆」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ