Yahoo!辞書

kotobank > 毒グモによる中毒とは

 

毒グモによる中毒 【どくぐもによるちゅうどく】

  • 1件の用語解説(毒グモによる中毒で検索)

家庭医学館の解説

どくぐもによるちゅうどく【毒グモによる中毒】
 
 1995年に近畿地方(きんきちほう)で、日本にはいないはずの毒グモ、セアカゴケグモ発見され、大騒ぎとなりました。これは、海外からの貨物に紛れ込んできたものとみられ、人に被害はありませんでした。
 日本では、クモ刺咬症(しこうしょう)のほとんどは、カバチコマチグモによるもので、激痛かゆみ発赤(ほっせき)、リンパ節炎悪心おしん)、頭痛食欲不振などがおこります。痛みは、2~4日でなくなります。
 セアカゴケグモの毒は、ラトロトキシンという神経毒で、筋肉緊張、震え、まひ、発汗腹痛などがおこり、2~4日で治ります。まれに、横隔膜(おうかくまく)まひによる呼吸停止がおこります。
 クモは、人間を攻撃することはほとんどありません。ただし、クモに直接、触れないようにしましょう。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

毒グモによる中毒に近い言葉→パロマ工業製湯沸かし器による中毒事故|人は善悪の友による|パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故|事と次第による|アルコール中毒|通級による指導|目標による管理(MBO)|慢性アルコール中毒|ルカによる福音書|ガスによる運搬

毒グモによる中毒の関連情報

ショッピング検索

「毒グモによる中毒」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月20日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ