Yahoo!辞書

kotobank > 瀬々敬久とは

 

瀬々敬久 【ぜぜたかひさ】

  • 1件の用語解説(瀬々敬久で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬々敬久 ぜぜ-たかひさ
 
1960- 昭和後期-平成時代映画監督,脚本家,俳優
昭和35年5月24日生まれ。大学在学中に「ギャングよ、向こうは晴れているか」を自主制作ピンク映画の脚本,助監督をへて,平成元年課外授業暴行」で商業映画監督デビュー。9年「KOKKURI こっくりさん」で一般映画進出。23年上映時間4時間38分の長編映画「ヘヴンズストーリー」がベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞,最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)をダブル受賞同年作品芸術選奨文部科学大臣賞。同じく23年「アントキノイノチ」でモントリオール世界映画祭イノベーション賞を受賞。監督作品はほかに「雷魚」「感染列島」「ドキュメンタリー頭脳警察」など。大分県出身京大卒。ペンネームに臼野朗,迦楼羅,甲賀三郎,南極1号など。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬々敬久に近い言葉→鹿児島県鹿児島市喜入瀬々串町|宮崎県宮崎市花ケ島町瀬々町|鹿児島県薩摩川内市下甑町瀬々野浦|瀬瀬

瀬々敬久の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「瀬々敬久」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月15日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ