Yahoo!辞書

kotobank > 災害時要援護者とは

 

災害時要援護者 【さいがいじようかいごしゃ】

  • 3件の用語解説(災害時要援護者で検索)

知恵蔵miniの解説

高齢者、障害者、乳幼児妊婦、傷病者、日本語不自由な外国人といった災害時に自力避難することが困難な人のこと。政府は2005年に「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」を定め、全国自治体災害時要援護者名簿作成や避難支援の取り組み方針を策定するよう呼びかけてきた。しかし、2011年の東日本大震災では多くの高齢者が犠牲となり、災害時要援護者名簿を作成済みの自治体も64%(12年4月時点)にとどまっていることから、政府は現行のガイドラインの見直し決定。13年1月現在改正に向けた検討が進められている。
( 2013-1-31 )

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高齢者や障害者、乳幼児、妊産婦など、災害時に支援が必要な人。県地域福祉推進室によると、県内には約15万人いると推計されている。内訳身体障害者6万7千人、知的障害者8500人、精神障害者5700人、要介護度2以上2万1千人、乳幼児6万9千人、妊産婦2万人弱など(一部重複あり)。
( 2013-06-09 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいがいじ‐ようえんごしゃ 〔‐エウヱンゴシヤ〕 【災害時要援護者】
 
災害時に、必要情報迅速かつ的確把握し、身を守るために安全場所へ避難するなどの行動をとるのに支援を要する人。要介護者・障害者・高齢者・外国人・乳幼児・妊婦など。災害弱者要援護者。→災害時要援護者名簿

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

災害時要援護者に近い言葉→災害時要援護者名簿|要援護高齢者|災害時の医療|災害時の情報伝達|災害時相互応援協定|自治体間の災害時相互応援協定|戦時災害援護法|戦時災害援護法案|災害援護資金|保護者

災害時要援護者の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「災害時要援護者」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ