Yahoo!辞書

kotobank > 牛原虚彦とは

 

牛原虚彦 【うしはらきよひこ】

  • 1件の用語解説(牛原虚彦で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛原虚彦 うしはら-きよひこ
 
1897-1985 大正-昭和時代映画監督
明治30年3月22日生まれ。大正9年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいる。初の監督作品は翌10年の「山暮るる」。15年渡米,チャップリン製作助手をつとめる。戦後,日大教授,日活芸術学院院長昭和60年5月20日死去。88歳。熊本県出身東京帝大卒。本名清彦。作品に「彼と東京」「陸の王者」など。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の牛原虚彦の言及

【活劇映画】より
…20年代に入って,ダグラス・フェアバンクス主演《奇傑ゾロ》(1920),《三銃士》(1921),《ロビン・フッド》(1922)がさらに決定的に活劇熱をあおり,模倣作品を続出させた。 当時の活劇スターとして,尾上松之助に次いで,島津保次郎監督《堅き握手》(1922)や牛原虚彦監督《狼の群》(1923)などの勝見庸太郎,日本版《奇傑ゾロ》といえる《抜討権八神出鬼没》(1924)などの市川百々之助,同じく《奇傑ゾロ》の模倣作《怪傑鷹》や《争闘》(ともに1924)で〈鳥人〉の異名をとった高木新平がいる。こうして23年から24年ころにかけて,活劇という映画形式は定着した。…
【日本映画】より
…だが,小山内薫の映画改革志向はたちまち松竹内部の商業主義派と対立し,小山内薫は新設の松竹キネマ研究所を任されて,独自に映画づくりを始めることになった。俳優学校から研究所へかけて,小山内薫のもとには,監督の村田実,牛原虚彦(きよひこ),島津保次郎,脚本・監督の伊藤大輔,脚本の北村小松,俳優の鈴木伝明(当時は東郷是也),沢村春子,南光明,英(はなぶさ)百合子などが集まった。こうした人材によってつくられたのが,松竹キネマ研究所の第1回作品《路上の霊魂》(1921)である。…
※「牛原虚彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牛原虚彦に近い言葉→佐賀県鳥栖市牛原町|北海道川上郡標茶町奥熊牛原野|北海道川上郡標茶町西熊牛原野|熊牛原野|牛原荘|茅原虚斎|北海道川上郡標茶町熊牛原野|北海道川上郡弟子屈町熊牛原野

牛原虚彦の関連情報

ショッピング検索

「牛原虚彦」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ