Yahoo!辞書

kotobank > 画像鏡とは

 

画像鏡 【がぞうきょう】

  • 4件の用語解説(画像鏡で検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

画像鏡
がぞうきょう
Hua-xiang-jing

漢式鏡の一種中国の後漢から六朝時代にかけてつくられた鏡で鏡背の文様が後漢の画像石類似したものをいう。中国古代神仙思想を表わす東王父,西王母などの神人像,狩猟交戦車馬音曲歌舞などの風俗図,有名歴史物語を図示するもの,あるいは仏教の影響を受けた飛天図もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がぞうきょう【画像鏡】
 
中国で後漢代末から六朝時代にかけて作られた鏡。背面に神仙や伝説,狩猟・騎馬などを題材とする絵画的な文様を有する。これを模倣したものが日本の古墳からも出土,和歌山県の隅田八幡宮所蔵のものが有名。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

画像鏡 【がぞうきょう】

後漢から三国時代にかけて作られた,背面画像文をもつ金属鏡。画像は神仙説にもとづいた神人,車馬,竜虎,狩猟などを主題とする。日本では5世紀の古墳から出土することが多く,代表的なものに和歌山県隅田八幡宮所蔵のものがある。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

がぞう‐きょう 〔グワザウキヤウ〕 【画像鏡】
 
中国の後漢・六朝時代に作られた鏡。鏡背に、伝説などを題材とする画像を鋳出してある。日本でも、これをまねたものが古墳から出土。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の画像鏡の言及

【鏡】より
…このうちには鋳造の年代を示す紀年鏡も含まれている。道家の東王父,西王母の神仙物語や,その時代の風俗を表す画像鏡,平面的な表出の夔鳳(きほう)・獣首の両鏡式,肉を盛った彫塑的な禽獣や竜虎で飾った神獣鏡などが著しい新鏡式である。なかでも夔鳳鏡は古い銅器にある禽形を鏡背文にしたもので,鉄で作った遺品があり,金銀の象嵌で図形の細部を表している。…
【漢鏡】より
…また両型式とも鈕座として盤竜座をもつものがある。画像鏡には東王父,西王母の神人や,車馬,騎馬などの画像が描かれ,後漢の画像石に似ているので画像鏡とよばれている。三角縁と平縁のものがある。…
※「画像鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

画像鏡に近い言葉→隅田八幡人物画像鏡|二値画像|画像塼|白黒二値画像|画像|画像石|自画像|三次元画像|画像処理|画像通信

画像鏡の関連情報

ショッピング検索

「画像鏡」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月28日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ